このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2011-109
事例作成日
(Creation date)
2011年11月10日登録日時
(Registration date)
2012年03月12日 15時44分更新日時
(Last update)
2012年05月31日 16時34分
質問
(Question)
芝川の辻村・上青木・下青木・元郷間(現川口市)に「水除堤」があったが、埼玉県内のそれ以外の地域で、「水除堤」があったのか知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料から幸手市の権現堂堤が「権現堂川通水除堤」と記されることも多かったことがわかった。また、領家村、十二月田村、樋爪村、川口町にあったことがわかった。

『幸手市史 通史編 1』
p358「第四編 近世前期の幸手 第二章 川と道の整備 第一節河川の改修と用悪水路の整備」
p360 「権現堂堤の成立」
「近世の権現堂堤は、八甫村から上宇和田村に至る五八九五間(約10.6キロメートル)の堤の通称で、史料では「権現堂川通水除堤」と記されることも多い。本書では、特に問題がない限り「権現堂堤」の名称で統一する。」とあり。
また、p655-701 近世前期(前述)・後期の各々の章に、権現堂堤を中心に堤の普請・修築・幕府の治水機構など、河川の利用と管理について、詳細な記述あり。

『新編武蔵風土記稿 [第4期]7 大日本地誌体系 13』
下記に「水除堤」または「水除けの堤」の記述あり。
p216領家村の古荒川
p218十二月田村の芝川
p218樋爪村の芝川
p224川口町の荒川
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
河海工学.河川工学  (517 9版)
関東地方  (213 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『幸手市史 通史編 1』(幸手市教育委員会 2002)
『新編武蔵風土記稿 [第4期]7 大日本地誌体系 13』(蘆田伊人編集校訂 雄山閣 1996)
キーワード
(Keywords)
水除堤(ミズヨケヅツミ)
芝川
権現堂堤(ゴンゲンドウツツミ)
堤防-水利史-川口市
堤防-水利史-幸手市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000103484解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!