このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-00-049
事例作成日
(Creation date)
2000/09/29登録日時
(Registration date)
2010年08月29日 02時00分更新日時
(Last update)
2016年08月12日 15時16分
質問
(Question)
「あなたは住宅を建てるとしたら、屋根の色彩は何がいいと思いますか。」のアンケートに飯山市民は赤を一位に挙げている。
赤い屋根が使われるようになったのはいつごろかを調査したい。
回答
(Answer)
調査したが不明だった。

【追記:2016年8月12日】
飯山市に限らずということであれば、
「建築と社会」に掲載されていた「住宅と色彩」という連載による論説の
「住宅の赤化」(「建築と社会」大正11年・第五集・第一号)
によると、この当時住宅の屋根に赤色の瓦葺きが流行したようです。
回答プロセス
(Answering process)
『飯山市誌 歴史編 下』(飯山市誌編纂委員会 1995)
『信濃の民家』(長野県文化財保護協会 1976)
『屋根のはなし』(鹿島出版会 1990)
『屋根の歴史』(東洋経済新報社 1973)
『信濃路の民家』(信濃路 1972)
『民家』(信濃毎日新聞社 1972)
にあたるが、掲載なし。

県立長野図書館にレファレンス照会。
以下同図書館より回答。
---------------------
問い合わせの事項は以下の資料を見ましたが、記載がなく不明です。
なお、『信州の雪国』の参考文献に書かれている『うるおいある雪につよい町づくり飯山市克雪タウン計画』は、飯山市立図書館に所蔵しています。
〔調査済み資料〕
『信州学入門』
『豪雪地帯の現状と対策』
『深雪地下水内部の地理的考察』
『飯山町誌』
『ふるさと飯山の歴史と自然』
『奥信濃飯山ものがたり』
『写真集飯山の百年』
『語り部の語るふるさと飯山』
『屋根のデザイン百科』
『日本の民家調査報告書集成 中部地方の民家 3』
---------------------

【追記:2016年8月12日】
『日本近代建築塗装史』p317-319
「建築と社会」の中で連載している「住宅」コーナーのうち建築士で工学士の葛野壮一郎の執筆による
「住宅と色彩」という論説(連載七回)についての記載あり。

その中の一つに、
「住宅の赤化」(「建築と社会」大正11年 第五集・第一号)
という論説があり、
「この当時住宅の屋根に赤色の瓦葺きが流行したようで、その現象をとらえている。」
「赤屋根の住宅が登場したことは当時においては一大謀反であり、革命でもありとまで表現している。」
などという解説とともに、論説の要約がされていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
『信州の雪国』(八十二文化財団 1990)p117 「飯山市克雪タウン計画、うるおいある雪に強いまちづくり」(平成1年2月、信州大学工学部岡村研究室、八十二文化財団主体、飯山市よりの受託事業)
NDC
建築構造  (524)
参考資料
(Reference materials)
『日本近代建築塗装史』日本塗装工業会/編著 時事通信社 1999.03 <525ニ>, ISBN 4-7887-9903-0
キーワード
(Keywords)
長野県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000070602解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!