このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
品川区立品川図書館 (2310072)管理番号
(Control number)
NDL-品川ー001
事例作成日
(Creation date)
2007年06月30日登録日時
(Registration date)
2008年11月25日 18時53分更新日時
(Last update)
2008年11月28日 13時12分
質問
(Question)
島津山、池田山に関する史料を探している。江戸から昭和前期にかけての品川の歴史、建築史などの面から探して下さい。
回答
(Answer)
江戸時代の両屋敷については「江戸大名下屋敷を考える」「しながわの大名下屋敷」にその歴史、建物も規模、配置等の記述がある。

明治以降の変遷については「しながわの史跡めぐり」「江戸東京歴史散歩3」に記述がある。

各年代の地図を追っていくと屋敷とその跡地の変遷がわかる。
明治44年「荏原郡品川町・大崎町全図」では邸宅の記載はない。袖ヶ崎と平岡が広い敷地であることはわかる。
大正5年「品川区史資料編地図統計集」に島津邸、池田邸の記載がある。
昭和7年「大東京三十五区詳図品川区」「大崎町図」に島津邸がありその周りが分譲地になっている。池田邸はすべて分譲地となりその一区画に池田邸がある。

島津邸は大正6年にコンドルの設計による洋館に改築された。昭和37年(1962年)以降清泉女子大学の本館として使用されている。
池田邸は昭和60年(1985年)その奥庭を品川区立池田山公園とし一般に公開されている。

回答プロセス
(Answering process)
品川区では有名な地名。「品川区史料(十三)品川の地名」によるといずれも通称名である。地名事典類にも記載がない。品川区の地域史料、江戸東京関係の資料で調査した。

島津山は仙台藩伊達家の大崎袖ヶ崎下屋敷があり、後に島津公爵邸ができたことによる。現在の住居表示は東五反田三丁目、旧名称袖ヶ崎。島津邸は現在清泉女子大学で使用している。

池田山は岡山藩池田家の下屋敷(大崎屋敷)があったことによる。現在の住居表示は東五反田五丁目、旧名称は平岡。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 8版)
日本  (291 8版)
西洋の建築.その他の様式の建築  (523 8版)
参考資料
(Reference materials)
「品川区史料(十三)の地名」品川区教育委員会2000年
「品川区史続資料編(三)」品川区編1972年
「しながわの大名下屋敷」品川区教育委員会編2003年
「江戸大名下屋敷を考える」品川歴史館編2004年
「江戸東京歴史散歩3」街と暮らし社2001年
「しながわの史跡めぐり」品川区教育委員会編2005年
「品川区史資料編地図統計集」品川区編1972年
「荏原郡品川町・大崎町全図」1911年
「大東京三十五詳図品川区」1932年
「大崎町図」1932年
「東京建築懐古録Ⅱ」読売新聞社1991年
「近代建築ガイドブック関東編東京建築探偵団鹿島出版会1982年
日本の建築明治大正昭和2」小野木重勝著三省堂1979年
「図面でみる都市建築の大正」柏書房1992年
キーワード
(Keywords)
品川の地名
大名下屋敷
島津邸
清泉女子大学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000049251解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!