このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2019-074
事例作成日
(Creation date)
2018年08月23日登録日時
(Registration date)
2019年12月03日 16時53分更新日時
(Last update)
2020年06月18日 16時05分
質問
(Question)
元荒川の水源や歴史について詳しく書かれた資料がみたい。
回答
(Answer)
以下の資料を提供した。

『元荒川の水運 歴史の道調査報告書 第13集』(埼玉県立博物館編 埼玉県教育委員会 1991)
 p12 「元荒川河川史年表」のあり。
『中山道分間延絵図 第3巻』(東京美術 1977)
 解説篇p9 佐谷田村に「宇雷電之池元荒川水元」とあり、元荒川の水源について記述あり。
『新編埼玉県史 通史編 3 近世』(埼玉県編 埼玉県 1988)
 p530-532「元荒川の瀬替えと備前堤」の項に記述あり。
 p553-555「元荒川利用と溜井造成」の項に記述あり。
『荒川 人文 荒川総合調査報告書 2』(埼玉県編 埼玉県 1987)
 p368-373「2.備前堤築造後の流域の開発」の項に記述あり。
 p376-381「5 荒川瀬替え後の元荒川・綾瀬川の開発」の項に記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈元荒川〉で検索する。
『元荒川の水運 歴史の道調査報告書 第13集』(埼玉県立博物館編 埼玉県教育委員会 1991)
 p10 「水源の位置を明記する絵図として、江戸時代後期に作成された「中山道分間延絵図」がある。」とあり。

2 1の資料で記述のあった資料『中山道分間延絵図 第3巻』を確認する。

3 《国会図書館レファレンス協同データベース》( http://crd.ndl.go.jp/reference/  国会図書館)で類似事例を確認する。
「埼玉県を流れる荒川が、源流部から下流部まで通して「荒川」と呼ばれるようになったのは、いつ頃からか。おそらく江戸以前は、地域ごとに河川の呼び方が異なっていたのではないかと思われる。秩父市の贄川も古くは、荒川の旧称と思われる。「荒川」の地域ごとの呼称も含め、知りたい。」(埼玉県立久喜図書館  http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000149740

4 2の事例の参考資料を確認する。

〈その他調査済み資料〉
『荒川読本』(元木靖編 国土交通省関東地方整備局荒川上流河川事務所 2008)
『「埼玉県の川にまつわる郷土史」調査報告書』(日本河川協会彩の川研究会 2012)
『中川水系 人文 中川水系総合調査報告書 2』(埼玉県編 埼玉県 1993)
『都市河川の源流を訪ねて 荒川・中川水系』(地田修一文 野口廣写真 2000)
『荒川下流誌 本編』(荒川下流誌編纂委員会編著 リバーフロント整備センター 2005)

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2018年8月3日。
事前調査事項
(Preliminary research)
『元荒川お宝マップ HASUDA』(よみがえれ元荒川の会企画 よみがえれ元荒川の会 2006)
『よみがえれ元荒川』(よみがえれ元荒川の会編 よみがえれ元荒川の会 2001)
NDC
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
河海工学.河川工学  (517 9版)
参考資料
(Reference materials)
『元荒川の水運 歴史の道調査報告書 第13集』(埼玉県立博物館編 埼玉県教育委員会 1991)
『中山道分間延絵図 第3巻』(東京美術 1977)
『新編埼玉県史 通史編 3 近世』(埼玉県編 埼玉県 1988)
『荒川 人文 荒川総合調査報告書 2』(埼玉県編 埼玉県 1987)
キーワード
(Keywords)
河川-埼玉県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000269781解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!