このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000192827
提供館
(Library)
神奈川県立図書館 (2110018)管理番号
(Control number)
相-160001
事例作成日
(Creation date)
2016年04月27日登録日時
(Registration date)
2016年05月31日 14時23分更新日時
(Last update)
2016年05月31日 14時23分
質問
(Question)
古い手持ちの辞典で「ヒカナキン(緋金巾)」という言葉を調べたら、次の通り記載されている。もう少し分かりやすい説明がほしい。
緋金巾=「染物の一つ。金巾を半晒とし、アルミナ媒染めによりアリザリンで染めた赤地の薄地物」
回答
(Answer)
『広辞苑』第6版机上版(た-ん) 新村出編 岩波書店 2008年
上記資料に「ひがなきん(緋金巾) 緋色の金巾。女物の裏地などに用いる」との説明あり。
回答プロセス
(Answering process)
電話での質問であったが、こちらの調査中に、上記資料を質問者ご自身がお調べになり、そのことについてお知らせいただいた。
その説明で用が足りたとのことであったので、当館ではお調べした下記資料について、参考情報としてお伝えするにとどまった。

『新潮日本語漢字辞典』新潮社編 新潮社 2007年
「緋金巾 =緋色の薄い綿布」

『服装大百科事典 上巻 増補版』服装文化協会編 文化出版局 1983年
「金巾(かなきん)」についての項目があり、詳しい解説があるが、緋金巾については言及されていない。

『きもの用語大辞典』装道きもの学院編 主婦と生活者 1979年
「緋金巾」「金巾」いずれも項目あり。
「緋金巾」の解説は、質問者手持ちの辞典に掲載されている内容とほぼ同じ。
「金巾」については、「綿織物の一つ。かねきんと発音することもある。ポルトガル語のカネキンが語源。平織で目の細かい薄地の綿布(後略)」とある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813)
衣服.裁縫  (593)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
着物
服飾
生地
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000192827解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!