このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000039346
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
7868
事例作成日
(Creation date)
2007年11月12日登録日時
(Registration date)
2007年11月12日 13時28分更新日時
(Last update)
2012年11月03日 14時06分
質問
(Question)
多度津富井家文書など、武術、古式測量術に関する古文書の所蔵について
回答
(Answer)
冨井家に関係する資料について調査したところ、
・「冨井泰蔵覚帳(冨井泰蔵覚帳出版会/編 冨井泰蔵覚帳出版会 1978年発行 2436/T6)」を所蔵していた。

この資料は、多度津京極家の裏判方で、砲術や測量術を修めた冨井泰蔵が、安政4年から
明治27年の37年間にわたり書き綴った覚え帳10冊のうち4冊と、藩主の江戸行きに二度に
わたって随行した際の道中記、および幕末から明治維新にかけての多度津藩の関連資料を
活字にして収載したもの。

日記の内容は著者の身辺のできごとのほか、家老林三左衛門の率いる鉄砲隊や白方山での
大砲方の訓練、農兵隊を編制した大隊調練のはじまりなどが記されている。

「冨井泰蔵覚帳」については、相互貸借可能資料。

 なお、香川県立文書館に問い合わせたところ、讃岐国多度郡新町村富井家文書の一部について
複写したものを所蔵していて、閲覧、複写とも可能。ただし複写は富井家の事前の許可が必要との
こと。

 また、財団法人鎌田共済会郷土博物館では、江戸時代、天文・測量、銃砲開発、塩田開発で
業績を残した久米栄左衛門(通賢)(1780~1841)ゆかりの資料を多数所蔵している。
久米栄左衛門は、若年期に大阪で天文暦学を修め、文化3年藩より高松藩領の測量を
命じられたり、幕府の命を受け測量のため讃岐国を訪れた伊能忠敬の案内役を務めたりしている。
 
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
武術  (789 8版)
測量  (512 8版)
参考資料
(Reference materials)
香川県立文書館文書目録(撮影分) 第11集 讃岐国多度郡新町村富井家文書目録 香川県立文書館/編 香川県立文書館 2008.3  (K3105/ K2/ 1-11 郷土資料 )
キーワード
(Keywords)
多度津富井家文書
香川県
香川県立文書館
照会先
(Institution or person inquired for advice)
香川県立文書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000039346解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!