このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000226306
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中児童-2017-2
事例作成日
(Creation date)
2017/09/27登録日時
(Registration date)
2017年12月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年12月13日 14時43分
質問
(Question)
森林が吸収する二酸化炭素の量が知りたい。
回答
(Answer)
【資料1】『森からみる地球の未来1 大気と森』(松井光瑤編 文研出版 1996)
 p16-17に森林が吸い込む炭素量について、文章で記述があります。
「地球上の森が、光合成で大気から吸い取る炭素量は、1年間で650億tほど。…(中略)…吸い込んだ650億tからこの325億tを差し引いた残りの325億tの炭素。これが植物の体になり、森に溜め込まれる。」
ただし、出版年が古く1996年。現状と変わっている可能性があります。

【資料2】『地球温暖化統計データ集2011』(三冬社 2011)
 p18 図表1-1-7 地球上の炭素循環と収支の推定(1990年の平均)の図があります。
「陸域生物圏(森林)のCO2吸収は14億トン/年」とあります。
【資料1】と数値が違いますが、上記のように記述されています。
 出典にIPCC第3次評価報告書(2001)より作成とあり。

【資料3】『理科年表平成29年第90冊』(国立天文台編 丸善出版 2016)
p1034 に「地球表層(生物圏)における炭素の循環」の図があります。
森林ではなく「植生」による吸収と排出の量が記述されています。
吸収に108.9+(14.1)1015gC/年(単位が1015gC/年)、IPCC2013による、とあります。
回答プロセス
(Answering process)
(1)児童資料室の植物(NDC470)、元素(NDC435)、環境(NDC519)、林業(NDC65)に関する書架を確認。
【資料1】『森からみる地球の未来1 大気と森』(松井光瑤編 文研出版 1996)
p16-17 森林が吸い込む炭素量の記述あり。ただし、出版年が1996年と古いので現状と変わっている可能性あり。
《確認したが、掲載されていなかった資料》
『環境 ポプラディア情報館』(枝廣淳子監修 ポプラ社 2011)
 p84に炭素循環の図あり。数値記入無なし。
『炭素の物語』(マーク・D.ユーリン著 大月書店 2006)p56-59「私たちと炭素循環」の項には記載なし。
『CO2のきほん 排出量はどのように測るのか?』(奥山康子著 誠文堂新光社 2010)p43に「陸上、海洋、大気の間での炭素(CO2)のやりとり」という図があり、植生、土壌及び有機堆積物の吸収量が数字で示されているが、森林のみの数値はなし。
『CO2がわかる事典 もっとよく知りたい!』(栗岡誠司監修 PHP研究所 2010)
p30-32「植物のはたらきとCO2」の項目では1本の木が吸収するCO2の量が解説されている。
森林全体の量は不明。

(2)一般資料室で関連分野の書架を確認。
【資料2】『地球温暖化統計データ集2011』(三冬社 2011)
p18 図表1-1-7 地球上の炭素循環と収支の推定(1990年の平均)の図あり。
 出典にIPCC第3次評価報告書(2001)より作成とあり。
【資料3】『理科年表平成29年第90冊』(国立天文台編 丸善出版 2016)
p1034 地球表層(生物圏)における炭素の循環の図あり。
森林ではなく「植生」による吸収と排出の量が記述されている。
吸収に108.9+(14.1)1015gC/年(単位が1015gC/年)、IPCC2013による、とある。
※出典にあたる「IPCC第3次評価報告書(2001)」及び「IPCC2013」は未確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
気象学  (451 9版)
環境工学.公害  (519 9版)
林業  (650 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『森からみる地球の未来1 大気と森』(松井光瑤編 文研出版 1996)(0600123820)
【資料2】『地球温暖化統計データ集 2011』(三冬社 2011)(0106282615)
【資料3】『理科年表 平成29年 第90冊』(国立天文台編 丸善出版 2016)(0106561433)
キーワード
(Keywords)
二酸化炭素(ニサンカタンソ)
森林(シンリン)
環境問題(カンキョウモンダイ)
地球温暖化(チキュウオンダンカ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000226306解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!