このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2008-07-003
事例作成日
(Creation date)
2008年07月28日登録日時
(Registration date)
2011年03月23日 15時59分更新日時
(Last update)
2011年03月24日 11時31分
質問
(Question)
「土用三郎」の意味が知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵の【資料1】より、土用三郎とは、「夏の土用入りから三日目の称。俗に、この日の天候でその年の豊凶を占い、快晴ならば豊作、降雨ならば凶作という。天一太郎・八専二郎・土用三郎・寒四郎という一年中における農家の4つの厄日の一つ」とある。
また、【資料2】より、p109「土用の第三日目を土用三郎といい、梅雨太郎(または中太郎)・八専二郎・寒四郎とともに農家の四厄日に数えられ、この日の天候で豊作・凶作を占う風習があった。土用三郎が雨なら、土用中多雨で凶作になり、天気が晴ならば豊作になるという言い伝えがあった」との記述がある。

<2011/3/24追記>
資料3:晩夏の時候の季題として「土用」があり、「第三日目が三郎となる」との記述あり。また、「土用三郎」が詠まれている句も紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
(1) 質問が言葉の意味であり、暦に関する内容だったので、参考資料より【資料1・2】に直接あたる。

(2) 「歳時記」にもあたる。

(参考)【資料2】p108「土用」より、土用について、「本来は二十四節気の立春・立夏・立秋・立冬の前の十八日間を土用といい、一か年に四回ある。だが一般的に土用という場合は、夏の土用だけをさすようになった」とある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
時法.暦学  (449 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『日本国語大辞典 第9巻 第2版』 小学館国語辞典編集部/編集,小学館,2001.9 ※貸出禁止資料 (p1367「土用三郎」 R813.1/ニ/9)
【資料2】 『現代こよみ読み解き事典』 岡田 芳朗/編著 阿久根 末忠/編著,柏書房,1993.3 ※貸出禁止資料 (p108~109「土用」 R449.3/ゲ93/)
【資料3】 『新撰俳句歳時記 夏 新装版』 皆吉 爽雨/編
,明治書院,1997.4 (p18~19「土用」 911.3/シ97/
)
キーワード
(Keywords)
土用三郎(どよう さぶろう)
厄日
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000083140解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!