このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2015-143
事例作成日
(Creation date)
2015年06月07日登録日時
(Registration date)
2016年02月24日 11時21分更新日時
(Last update)
2016年05月18日 14時57分
質問
(Question)
関節炎の病気と思われる「気虚湿痺証」(ききょしっぴしょう)について、漢字の表記とヨミがあっているか知りたい。
回答
(Answer)
一語で「気虚湿痺証」と読ませる単語に関する記述は見つからなかった。

参考までに下記の「気虚」(ききょ)、「湿痺」(しつひ)、「証」(しょう)について書かれている資料を紹介した。
『南山堂*医学大辞典 第19版』(南山堂 2006)
 p510 「気虚」(ききょ)の項あり。「気が不足した状態を指す。多くは内臓の疾患や重病、慢性疾患により誘発される。この状態になると顔面は蒼白となり、頭痛、めまい、耳鳴り、心悸亢進、倦怠感などの諸症状が生じる」とあり。

『医学書院 医学大辞典 第2版』(医学書院 2009)
 p573「気虚」(ききょ)の項あり。「生命活動の根源的エネルギーである気の量に不足を生じた病態。気の産生障害および消耗によりもたらされる。その結果もたらせる精神・身体的異常としては、精神活動の低下、全身の倦怠感、神経循環無力症、内臓下垂、性欲の低下など、生命体としての活力の低下として表現される」とあり。

『中医基本用語辞典』(東洋学術出版社 2006)
 p121 「気虚」(ききょ)の項あり。
 p277 「湿痺」(しつひ)の項あり。「着痺のこと。湿邪が中心となり、風邪・寒邪を伴って人体に侵入し、気血を阻害するために起こる痺証のことである。主要症状としては、肢体や関節が重だるく運動制限がある・皮膚の痺れや膨張・痛む場所は一定・曇りや雨の日に悪化する(後略)」とあり。
 p303 「証」(しょう)の項あり。「証候のこと。疾病に現れる多くの症状を統合したもの、もしくは疾病の原因・病位・性質・正邪の盛衰を概括したもの」とあり。

『図説東洋医学 用語編』(学習研究社 1988)
 p367 「湿痺」(しつひ)の項あり。
 p396 「証」(しょう)の項あり。「東洋医学に特有な疾病の診断・治法を包括した語(後略)」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
その他調査済資料
NDC分類〈490.9〉(東洋医学)の自館所蔵資料
《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所)
《医中誌Web》(医学中央雑誌刊行会)
ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2015年6月7日。
事前調査事項
(Preliminary research)
『広辞苑 第5版』(岩波書店 1999)
NDC
医学  (490 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
漢方医学
関節炎
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
その他
登録番号
(Registration number)
1000188480解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!