このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2015-053
事例作成日
(Creation date)
2015/01/21登録日時
(Registration date)
2015年09月02日 15時29分更新日時
(Last update)
2015年11月16日 14時59分
質問
(Question)
アスベストの吹き付け塗装の剥がれやすさについて明文化されている資料が見たい。
回答
(Answer)
アスベストの吹き付け塗装の剥がれやすさ、飛散量の多さについて記述のある以下の資料を紹介した。

当館所蔵図書
『図解あなたのまわりのアスベスト危険度診断』(中皮腫・じん肺・アスベストセンター編 朝日新聞社 2005)
 p22-26「5 飛散の危険性は種類によって違う!」の項では建材別の解説あり。「いちばん飛散しやすい吹き付け材」の解説では、「アスベストを含有する建材のうち、最も飛散しやすいのが、アスベスト、アスベスト含有ロックウールなどの吹き付け材だといわれます。吹き付け材は年月とともにもろくなり、ポロポロとはがれ落ちます。(後略)」
『アスベスト禍』(粟野仁雄著 集英社 2006)
 p46-47「吹き付けアスベストは、天井裏や壁内部のアスベストや板状に固めたスレートなどとは違い、経年劣化などによって大気中にアスベスト繊維が飛散する可能性があり」
『アスベスト問題』(宮本憲一編 岩波書店 2006)p46
『アスベスト』(大島秀利著 岩波書店 2011)p132-142
『建物のアスベストと法』(小澤英明著 白揚社 2006)p49

インターネット上で本文を読める論文、報告書
《J-STAGE》 (科学技術振興機構 2015/1/21最終確認)を、〈吹付け石綿〉で全文検索すると、以下2点がヒット。PDFで本文閲覧可。
武高男著「アスベスト含有建材の問題と対策」(「コンクリート工学 45巻6号」p11-17 日本コンクリート工学会 2007  https://www.jstage.jst.go.jp/article/coj1975/45/6/45_11/_pdf
 p12 石綿の法規制についての項で、「1975年時点で吹付け石綿は原則禁止になった」
 p13 表2「石綿製品の使用例」において、「吹付けアスベスト」、「石綿含有吹付けロックウォール」等は、「レベル1:著しく発じん量の多い製品」に分類されている。出典として「東京都環境局:建築物の解体等に係るアスベスト飛散防止対策マニュアル(第2次改訂版)を元に作成」とあり。
 
小見康夫著「建物解体に伴うアスベスト廃棄物の発生量予測 建物の長寿命化トレンドにおける建材のストック/排出量の算出手法に関する研究 その3」(「日本建築学会計画系論文集 76巻670号」日本建築学会 2011 p2403-2409  https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/76/670/76_670_2403/_article/-char/ja/
 p2404 表1「予測対象とするアスベスト廃棄物の内容」に、解体時の発じん性(飛散性)の区分として「吹き付け石綿」は「レベル1(著しく高い)」とされている。
回答プロセス
(Answering process)
その他調査済資料
自館目録をキーワード〈塗料〉で検索する。
『外壁塗り替え塗装入門』(平野八洲夫著 慧文社 2004)
『塗装・吹付け工事 監理と施工』(建築塗り仕上げ研究会著 彰国社 1999)
『これだけは知っておきたい塗装工事の知識』(高橋孝治著 鹿島出版会 1993)

NDC分類〈498.82〉(労働衛生環境)、〈519.3〉(大気汚染)の書架を確認する。
『アスベスト(石綿)障害の補償と救済がわかる本』(天海三郎著 PHP研究所 2006)
『アスベスト汚染と健康被害』(森永謙二編著 日本評論社 2006)
『アスベスト対策ハンドブック』(アスベスト問題研究会編 ぎょうせい 2007)
『実践!建設業のためのアスベスト対策』(中皮腫・じん肺・アスベストセンター編著 東京労働安全衛生センター編著 建通新聞社 2007)
『アスベスト問題の過去と現在』(石綿対策全国連絡会議編 アットワークス 2007)
『アスベスト身近な不安とどう向き合うか』(市民の声・江東編 永倉冬史講演 樹花舎 2006)
『アスベスト問題は終わっていない労働者・市民シンポジウムの記録』(石綿対策全国連絡会議編 アットワークス 2007)
『石綿ばく露と石綿関連疾患』(森永謙二〔ほか〕執筆 森永謙二編 三信図書 2008)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
環境工学.公害  (519 9版)
参考資料
(Reference materials)
『図解あなたのまわりのアスベスト危険度診断』(中皮腫・じん肺・アスベストセンター編 朝日新聞社 2005), ISBN 9784022500816
『アスベスト問題』(宮本憲一編 岩波書店 2006), ISBN 9784000093682
『アスベスト禍』(粟野仁雄著 集英社 2006), ISBN 9784087203240
『アスベスト』(大島秀利著 岩波書店 2011), ISBN 9784004313205
『建物のアスベストと法』(小澤英明著 白揚社 2006), ISBN 9784826990394
キーワード
(Keywords)
石綿
塗装
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
その他
登録番号
(Registration number)
1000179296解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!