このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山形県立図書館 (2110039)管理番号
(Control number)
山形県-2006-0001
事例作成日
(Creation date)
2006/1/19登録日時
(Registration date)
2006年01月19日 14時47分更新日時
(Last update)
2009年03月04日 18時52分
質問
(Question)
出羽三山神社・三神合祭殿内陣の襖挿絵「夫婦鶴」に「戊寅迎寒墨湖僊○(不明)寫」という文字が書かれている。
この文字の正確な綴りと意味が知りたい。
回答
(Answer)
戊寅(つちのえとら)」は干支で年を表す。作者の斎藤墨湖の生存中の戊寅の年は『日本陰陽暦対照表』によると1818(文政1)年になるが、この年に羽黒山三神合祭殿が再建されたとあります。(『山形県の文化財』による。)「迎寒」は『広辞苑』によれば「陰暦8月の異称」とでております。「墨湖僊○」の「僊」の字は「仙」に同じなので、特定できる資料は見当たりませんが、画称の「仙将」と見ることができます。「寫」は「写」と同じ。以上のことから推測すると、「1818年の陰暦8月に墨湖仙(将)が写した。」という意味になるようです。

斎藤墨湖(さいとうぼっこ):本名斎藤久作 1772(安永1)〜1874(明治7)松山町出身 絵師
画称:伝賀・仙将・中山墨湖
『日本陰陽暦日対照表』『山形県の文化財』『広辞苑』『庄内人名辞典』『羽黒町史年表』『松山町史 上巻』
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
時法.暦学  (449 9版)
参考資料
(Reference materials)
日本陰陽暦日対照表、庄内人名辞典、羽黒町史年表
広辞苑
山形県の文化財、松山町史 上巻
キーワード
(Keywords)
斎藤墨湖
中山墨湖
夫婦鶴
出羽三山神社
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000027128解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!