このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岐阜県図書館 (2110001)管理番号
(Control number)
岐県図-0595
事例作成日
(Creation date)
2005年04月登録日時
(Registration date)
2005年06月21日 11時07分更新日時
(Last update)
2005年06月22日 10時09分
質問
(Question)
昭和26年7月、8月の満月の日付と岐阜市加納での月の出の時刻、その日の天気が知りたい。
回答
(Answer)
1 『神宮暦』等によると、昭和26年7、8月の満月の日付はそれぞれ7月19日、8月17日。
2 該当する日の岐阜新聞の天気欄で、岐阜市での天気、月の出の時刻が掲載されている。
3 市内の特定地域の月の出時刻までは資料では確認できないが、日付と求める場所の緯度・経度、高度などが分れば、月の出の時刻を算出することが可能。
回答プロセス
(Answering process)
1 神宮司庁編纂『神宮暦 昭和26年』(神宮司庁,1950)および黒坂絋一・河村真光『20世紀の暦 朔望万年暦』(光村推古書院,1994)で確認したところ、昭和26年7、8月の満月の日付はそれぞれ7月19日、8月17日。ただし、月の出の時間については東京のものしか掲載されていない。
2 該当する日の岐阜新聞の天気欄に、岐阜市での天気、月の出の時刻が掲載されている。
3 また、日付と求める場所の緯度・経度、高度などが分れば、月の出の時刻を算出することが可能。計算方法は長沢工『日の出・日の入りの計算』(地人書館,1999)に掲載されている。なお、太田成和編『加納町史』(岐阜市役所加納支所,1954)によると、加納町中心地の経緯度・標高は北緯35度23分57秒・東経136度45分35秒・標高海面上約7メートル内外。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
時法.暦学  (449)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
・『理科年表』にも満月の日付や月の出の時刻等が掲載されている。
・『神宮暦』に掲載されている東京の月の出時刻と岐阜新聞掲載の時刻が1時間以上も異なるため確認したところ、この時期はサマータイム制が導入されていたことにより、夏の時刻がずらされていたためと判明(神宮暦の数値は標準時で記載) 。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000022561解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!