このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033984
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-1998-056
事例作成日
(Creation date)
1998/11/10登録日時
(Registration date)
2007年03月16日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年03月11日 15時13分
質問
(Question)
ロシュゴル氷河(インド、ヒマラヤ周辺か)の英語の綴りを知りたい。
回答
(Answer)
「the Rosh Gol Glacier」は「ロシュゴル氷河の山旅」(山本健一郎 あかね書房 1968)の英文書名による。
なお、〈ロシュゴル氷河〉は、パキスタン北部からアフガニスタン中部のヒンドゥクシュに位置する。

回答プロセス
(Answering process)
地名辞典・世界地図・ヒマラヤ関係の資料等にあたるが、記載なし。
『ミニヤコンカ初登頂』(山本健一郎訳)の訳者紹介に、「ロシュゴル氷河の山旅」あり。この資料は自館では所蔵していないが、『ヒマラヤ文献目録 新版』を見ると、前掲資料の英文書名が、「Journey in the Mountains of the Rosh Gol Glacier」となっている。
『J-BISC』で検索すると、この本の件名は〈ヒンドゥー・クシ山脈〉。『コンサイス外国地名事典』によると、〈ヒンドゥクシュ〉はパキスタン北部からアフガニスタン中部。パキスタンの関係資料にもあたるが、回答に結びつく資料は見つからなかった。

他に参照した資料は以下の通り。
『理科年表 第70冊(平成9年)』『ニュートンワールドアトラス 改訂版』『世界大アトラス』『コンサイス外国地名事典 改訂版』『世界地名大事典』(朝倉書店)『ヒマラヤ名峰事典』『ヒマラヤの高峰 1-5』『氷河 未知の宝庫をさぐる』『氷河の科学』『大百科事典』(平凡社)『地球の歩き方 パキスタン』『外国地名レファレンス事典』ほか

追記:『カラコルム・ヒンズークシュ登山地図』(No.3)に、「Roshgol-Gl」の記載あり。『カラコルム・ヒンズークシュ山岳研究』p39にも、「Rosh Gol」の記述あり(ともに 宮森常男 ナカニシヤ出版 2001)。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
アジア  (292 9版)
英語  (830 9版)
地形学  (454 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ヒマラヤ文献目録 新版』
『カラコルム・ヒンズークシュ登山地図』
『カラコルム・ヒンズークシュ山岳研究』
キーワード
(Keywords)
ヒンドゥー・クシ山脈-パキスタン-アフガニスタン
氷河地形
英語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000033984解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!