このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
0000001206
事例作成日
(Creation date)
2014/07/23登録日時
(Registration date)
2015年03月18日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年11月28日 14時25分
質問
(Question)
野鼠退治のためにフラトールが使われて、狐が死んだという記述があるが、フラトールが使われていたのは、いつ頃の話か。
回答
(Answer)
(1)『三共八十年史』p438によると、フラトールが発売されたのは、昭和27年。
p92には、「さらに話題になったものとしては、国産殺鼠剤フラトールがある。二十七年に大阪金属工業株式会社から、モノフルオール酢酸塩類の原体を入手して製剤販売した結果、輸入殺鼠剤ワルファリン製剤や、国産の猫イラズを圧倒する好成績をあげた。」とあります。

(2)厚生労働省法令等データベースサービス( http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/html/tsuchi/search1.html  確認日:2014-07-23) には、以下の記事が見えます。

① 毒物及び劇物指定令、毒物及び劇物取締法施行令の一部を改正する政令及び毒物及び劇物取締法施行規則の一部を改正する省令の施行について ◆昭和31年06月12日 薬発第227号
「特定毒物の使用に関する制限が一部緩和されたこと」として、「モノフルオール酢酸の塩類を含有する製剤(商品名フラトール)の使用者として、あらたに三○○町歩以上の森林を経営する者であつて都道府県知事の指定を受けたもの」
に対して、使用の制限が緩和されています。

② 労働基準法施行規則の一部を改正する省令等の施行について◆昭和53年03月30日 基発第186号

「(各都道府県労働基準局長あて労働省労働基準局長通達)
(中略)
労働基準法施行規則の一部を改正する省令(昭和五三年労働省令第一一号。以下「改正省令」という。)及び昭和五三年労働省告示第三六号(労働基準法施行規則(昭和二二年厚生省令第二三号)別表第一の二第四号の規定に基づき、労働大臣が指定する単体たる化学物質及び化合物(合金を含む。)並びに労働大臣が定める疾病を定める告示」にの中で、「告示の表中下欄に掲げる症状又は障害について」の中に
「モノフルオル酢酸ナトリウムによる中毒」に関する記載があります。


以上より、フラトールは、昭和27年に発売され、昭和31年に使用が緩和され、昭和53年に使用が制限されるようになったことがわかります。
回答プロセス
(Answering process)
(1)ウィキペディア( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AD%E3%81%9A%E3%81%BF%E9%A8%92%E5%8B%95  確認日:2014-07-23)によると、
「ねずみ騒動(ねずみそうどう)は、1949年から、宇和海の島嶼部及び海岸部で起こったネズミの大量発生に伴う農作物や海産物等への被害である。1963年頃まで続いた。」
とあり、これに「フラトール」が使用されたとされている。


(2)厚生労働省法令等データベースサービス - 法令の変更履歴
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/html/tsuchi/search1.html ) 
で「フラトール」を検索すると、以下がヒット。

① 毒物及び劇物指定令、毒物及び劇物取締法施行令の一部を改正する政令及び毒物及び劇物取締法施行規則の一部を改正する省令の施行について ◆昭和31年06月12日 薬発第227号

② 毒物及び劇物取締法の施行について〔特定毒物を含有する野鼠駆除用えさ〕 ◆昭和32年06月27日 薬収第599号

③ 毒物及び劇物取締法施行令の一部改正について ◆昭和36年01月24日 薬発第17号

④ 毒物及び劇物取締法の疑義について〔令第13条第1項第1号について〕 ◆昭和47年07月14日 薬事第263号

⑤ 労働基準法施行規則の規定に基づき労働大臣が指定する単体たる化学物質及び化合物(合金を含む。)並びに労働大臣が定める疾病を定める告示の全部改正について ◆平成08年03月29日 基発第181号


(3)厚生労働省法令等データベースサービス - 法令の変更履歴
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/html/tsuchi/search1.html
で「モノフルオル酢酸ナトリウム」を検索すると、以下がヒット。

① 労働基準法施行規則の一部を改正する省令等の施行について◆昭和53年03月30日 基発第186号

② 労働基準法施行規則の規定に基づき労働大臣が指定する単体たる化学物質及び化合物(合金を含む。)並びに労働大臣が定める疾病を定める告示の全部改正について ◆平成08年03月29日 基発第181号

③ 労働安全衛生規則第九十五条の六の規定に基づき厚生労働大臣が定める物等の一部を改正する告示の適用について 別ウィンドウが開きます ◆平成21年12月24日 基発第1224006号

④ 有害物ばく露作業報告制度の周知徹底について ◆平成21年12月24日 基安発第1224001号


(4)フラトールが三共の製品であることがわかり、『三共八十年史』を確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
医学.薬学  (49 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 三共八十年史 三共株式会社八十年史編集委員会∥編 三共 1979.12 335.4/538

2 厚生労働省法令等データベースサービス( http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/html/tsuchi/search1.html ) 確認日:2014-07-23
キーワード
(Keywords)
殺鼠剤
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000169253解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!