このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2008-067
事例作成日
(Creation date)
2008/11/30登録日時
(Registration date)
2009年04月23日 02時10分更新日時
(Last update)
2009年11月20日 11時38分
質問
(Question)
戦後、ジョンソン基地(現入間基地)の周辺にある磯野住宅(当時豊岡町、現入間市)で、赤痢が集団発生した。このときの赤痢発生状況が知りたい。また、防疫措置として、ジョンソン基地関係のどこかより磯野住宅へ給水したらしいが、このときの状況についても知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料により、昭和31年に赤痢が集団発生したことがわかった。また、磯野住宅内のジョンソン水道の消火栓2か所などから給水を行ったことがわかった。
『二十年の歩み』(埼玉県所沢保健所 1957)
p152-159「昭和31年9月豊岡町における赤痢集団発生の疫学的検討と防疫処置について」に、詳しい状況が掲載されている。
p156「防疫措置」の第3項によると、「豊岡町上水道を磯野住宅内に引込みを命じ9月4日夜より10ヶ所の臨時共同水栓により給水開始した。尚ジョンソン司令官と交渉の結果、磯野住宅内のジョンソン水道の消火栓2ヶよりも給水を行った。」とある。
p158-159には、この事件の各種統計表が掲載されている。
『入間市史 近代2 現代史料編』
p680-683「昭和40年12月 国立豊岡療養所年譜(抄)」のp682に、昭和31.8.30「豊岡町にて赤痢集団発生」とある。
『入間市史調査集録 7 豊岡町報道紙「とよおか」』
追加史料「とよおか 第62号」のp4に、「磯野地区集団赤痢発生について」という記事が掲載されている。
『埼玉新聞』の記事より
昭和31.9.2「25名が集団疫、赤痢一名死亡 豊岡 簡易水道の不備から?」
昭和31.9.4「発病者46名に達す 簡易水道の使用を禁止 豊岡町の集団赤痢」
昭和31.9.5「さらに17名 豊岡の集団赤痢」 合計63名となる
昭和31.9.8「被病者85名に 豊岡の集団赤痢」
昭和31.9.11「132名に達す 豊岡 磯野住宅の集団赤痢」
昭和31.9.12「感染経路の調査進む 豊岡町の集団赤痢」
昭和31.9.14「絵本など贈る 豊岡町議員が赤痢の子供へ」
※『入間市史調査報告書 2 新聞記事目録』p197より情報を得た。
回答プロセス
(Answering process)
入間市関係資料にあたった。『入間市史調査報告書 2 新聞記事目録』により、埼玉新聞に掲載された記事を確認することができた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内科学  (493 9版)
戦争.戦略.戦術  (391 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『二十年の歩み』(埼玉県所沢保健所 1957)
『入間市史 近代2 現代史料編』
『入間市史調査集録 7 豊岡町報道紙「とよおか」』
『埼玉新聞』(回答欄参照)
キーワード
(Keywords)
赤痢
磯野住宅
ジョンソン基地-軍事基地-埼玉県-入間市
アメリカ軍-占領地行政
郷土資料 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
定番事例-参考資料-埼玉新聞-解決
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000054093解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!