このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2549
事例作成日
(Creation date)
2019年02月15日登録日時
(Registration date)
2019年03月22日 16時04分更新日時
(Last update)
2019年04月02日 16時31分
質問
(Question)
昭和初期、横浜市瀬谷区の二ツ橋付近にあったという、牡丹園について記された資料を探している。
回答
(Answer)
神中鉄道(現在の相模鉄道)の厚木~横浜間開業直後の昭和9(1934)年ころ、現在の相鉄本線瀬谷駅と三ツ境駅の間にあった二ツ橋駅の北側に「牡丹園」があったようですが、園の規模や設置者、開園閉園の時期など詳しいことは確認できません。
次に「牡丹園」について記載のある資料をご紹介します。
(回答中記載のURLについては、平成31年2月1日アクセス確認済み。)

1 牡丹園の記載のある資料(一次資料)
(1)『神中線御案内』
   神中鉄道株式会社/編 神中鉄道 〔出版年不明〕(以下「沿線案内A」という)
    一枚ものを折りたたんだ沿線案内。表面の沿線案内図中、二ツ橋駅と三ツ境駅の
   間の北方に「牡丹園」の記述(文字のみ)があります。裏面の「沿線案内記」には
   牡丹園紹介の記述はありません。出版年不明ですが、昭和8(1933)年12月の神中
   鉄道の横浜駅乗り入れ、昭和9(1934)年8月の古川電線駅開業の後、昭和16(1941)
   年11月の中新田口乗降場廃止以前に発行されたものと思われます。
   所蔵:横浜市中央図書館、神奈川県立図書館
(2)『神中鉄道沿線案内』神中鉄道/編 神中鉄道 〔出版年不明〕
   (以下「沿線案内B」という)
    一枚ものの沿線案内。沿線案内図中、二ツ橋駅の北方に丸く囲まれた「牡丹園」の記述が
   あります。出版年不明ですが、上掲「沿線案内A」より以前、昭和8(1933)年12月の神中
   鉄道の横浜駅乗り入れの後、昭和9(1941)年8月の古川電線駅開業までの間、昭和9年前半
   の発行と思われます。(※発行時期の推定は下掲資料『地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み 
   関東3』による。)
   所蔵:横浜都市発展記念館、川崎市立中原図書館
(3)『郊外散策と日帰り旅行』神中鉄道 〔出版年不明〕(以下「沿線案内C」という)
    『図説鉄道パノラマ地図 〈沿線案内〉にみる美しき日本(ふくろうの本)』
   (石黒三郎/編 河出書房新社 2010.4)p.53に紹介されている、一枚ものを折りたたんだ
   沿線観光案内。沿線案内図中、二ツ橋駅と三ツ境駅の北方に丸く囲まれた「牡丹園」の
   記述が見られます。出版年不明ですが、神中鉄道が平沼橋駅には乗り入れている(乗り入れ
   は昭和6(1931)年10月)が横浜駅までは達していない(横浜駅乗り入れは昭和8(1933)年
   12月)ことから、その間、「沿線案内A・B」より早い、昭和7(1932)年ごろの発行と推定
   されます。
   所蔵:明示されていませんが、掲載書の編者所蔵と思われます。

2 牡丹園の記載のある資料(「沿線案内B」を紹介するもの)
(1)「ハマ発Newsletter第6号」横浜都市発展記念館 2006.5
    p.6「コラム-常設展示より-神中鉄道沿線案内(斎藤多喜夫)」記事掲載の図版
   (「沿線案内B」)中、三ツ境駅の北方に「牡丹園」が見える。本文中では、神中鉄道
   株式会社が開催する瀬谷の芋掘会や、瀬谷駅の北方の東野(あずまの)を中心とした
   初茸狩が盛況であったことに触れたのち、「図に見える「道楽園」「牡丹園」「乳出ノ清水」
   などはどうなってしまったのだろうか。」と記し、「この地域に行楽地を作ろうとした神中
   鉄道の夢は、深まる戦時色のなかで、かき消されてしまったのだろうか。」と結んでいます。
  (※「乳出ノ清水」については、本誌次号で地域に「乳出神」の碑があることを紹介。)
  ・Webで見られます。次のURL参照。
   → http://www.tohatsu.city.yokohama.jp/hamaN/hamaN6.html
(2)『「地図」で探る横浜の鉄道 都市横浜歴史ビジュアル』
   横浜都市発展記念館/編 横浜都市発展記念館 2011.3
    p.102-103「神中鉄道の「郊外電車」化」の項で、横浜乗り入れの昭和8(1933)年
   以降、神中鉄道の郊外電車化が進んでいくと解説。「沿線案内B」の図版を「「沿線案内
   (神中鉄道)」(昭和8(1933)年頃)」として掲載しています。
(3)『伸びる鉄道、広がる道路 横浜をめぐる交通網』
   横浜都市発展記念館/編 横浜市ふるさと歴史財団 2018.4
   p.49「図版3-10 沿線案内神中鉄道」(「沿線案内B」)を掲載。
(4)『地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み 関東3 京成・京急・相鉄』
   今尾恵介/著 白水社 2015.8
    p.302-307「案内絵図に描かれた沿線の名所」の項で、「沿線案内B」の刊行時期を
   昭和9(1934)年前半と推定。昭和4(1929)年の世界恐慌により経済が冷え込む中で
   神中鉄道の経営も減益となり、延伸を続けて横浜駅への乗り入れを達成した後、増収増
   益を図るため、名所や行事を前面に沿線のPRに力を入れていく様子を紹介しています。
   瀬谷の芋堀会や初茸狩については触れていますが、「牡丹園」の紹介はありません。
   白黒ですが「沿線案内B」の図版を掲載し、キャプションを「図5 陣中鉄道が刊行した
   「沿線案内」。昭和9年発行と思われる。」としています。

3 その他、神中鉄道の沿線案内(昭和初期のもの)
(1)『神中鉄道案内』神中鉄道株式会社 1927.9
    神中鉄道が横浜駅に乗り入れる(昭和8(1933)年)以前の沿線案内。案内図、名所
   案内本文ともに「牡丹園」の記述はありません。
   所蔵:横浜市中央図書館

このほか、所蔵する相模鉄道株式会社社史、昭和初期の鉄道地図や園芸関連会社の名簿、
電話帳、横浜市各区史・地誌等を確認しましたが、「牡丹園」の記述は確認できませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
植物学  (470 8版)
造園  (629 8版)
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000253546解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!