このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
0000000022
事例作成日
(Creation date)
2013/03/13登録日時
(Registration date)
2013年04月09日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年07月23日 17時17分
質問
(Question)
昔、二ツ屋(かほく市)と免田(宝達志水町)に津波があったはずだが、いつ発生したか、その時の被害の状況を知りたい。
回答
(Answer)
石川県沿岸域に影響を及ぼした津波に関する資料はあったが、二ツ屋(旧高松町)と免田(旧押水町)に関するものは見つけられなかった。
能登半島に被害が出た津波には、1741(寛保元)年7月、1833(天保4)年7月などがある。
また、1799(寛政11)年5月26日の加賀地震では、「津波が宮腰(いまの金石)を襲い、数100戸をかきさらい、溺死者多し」と記録されている。

「資料に残る富山県と隣接地域の地震年表」(広瀬誠著『地震の記憶』桂書房 2000)p247-255
羽鳥徳太郎「日本海の歴史津波」(「月刊海洋科学」第16巻第9号,1984.9,p538-545)
由比政年・楳田真也「石川県沿岸域における津波災害の軽減に向けて:東北地方太平洋沖地震津波および日本海歴史津波の教訓と課題」(「日本海域研究」第43号,2012.3,p109-121)p110「石川県沿岸域に影響を及ぼした既往津波および地震の一覧」
羽鳥徳太郎・片山通子「日本海沿岸における歴史津波の挙動とその波源域」(「東京大学地震研究所彙報」第52冊第1号,1977.11,p49-70)p58「石川~島根地域」
「100年で再び能登に大津波 1741年にも輪島襲来 北海道から 敦賀の古文書で確認」(「北國新聞」2011年8月17日朝刊35面)
回答プロセス
(Answering process)
まず、『石川県災異誌』を見て、江戸時代の地震や津波について『加賀藩史料』を見てみた。
富山県の事例だが、『地震の記憶』に資料が載っていないかと見たところ、巻末に「資料に残る富山県と隣接地域の地震年表」があった。
雑誌記事検索で「津波」をキーワードに検索して、「日本海域研究」第43号収録の「石川県沿岸域における津波災害の軽減に向けて:東北地方太平洋沖地震津波および日本海歴史津波の教訓と課題」を見つけ、その注の資料のうち、インターネット上に公開されていた「日本海沿岸における歴史津波の挙動とその波源域」にたどりついた。
事前調査事項
(Preliminary research)
町史を確認したところ「句碑によれば、昔(年代不詳)、大洪水が発生した」との記述はあったが、津波に関する記述はなかった。
NDC
地球科学.地学  (45 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 地震の記憶 広瀬誠著 桂書房 2000.2 453.2/10011

2 日本海中部地震津波 海洋出版 1984.9 453.5/5

3 日本海域研究 / 金沢大学日本海域研究所 [編] 通巻43号 金沢大学日本海域研究所 金沢大学環日本海域環境研究センター地域研究領域 金沢大学日本海域研究所 2000.3-
キーワード
(Keywords)
津波
地震
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000130122解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!