このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000254964
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2019-005
事例作成日
(Creation date)
2017年10月04日登録日時
(Registration date)
2019年04月12日 16時31分更新日時
(Last update)
2019年08月30日 12時14分
質問
(Question)
神経スウィート病について、一般向けに書かれた図書や情報を探している。
回答
(Answer)
一般向けに書かれた資料は確認できなかった。専門的な内容ではあるが、概要がわかる下記の資料と情報を紹介した。

1 図書
『神経疾患・診療ガイドライン 最新の診療指針』(鈴木則宏編 総合医学社 2009)
 p202-205「神経Sweet病」
 「どういう疾患・病態か」「治療に必要な検査と診断」「治療の実際」「専門医に紹介するタイミング」「専門医からのワンポイントアドバイス」の記載あり。
『今日の神経疾患治療指針』(水澤英洋[ほか]編 医学書院 2013)
 p495-497「神経スウィート病」
 「疾患概念」「症候」「検査」「診断」「治療方針」「患者・家族への説明」の記載あり。
『皮膚科疾患ビジュアルブック』(学研メディカル秀潤社 2012)
 p63「スイート病」
『皮膚疾患最新の治療 2017-2018』(南江堂 2017)
 p75「Sweet症候群」
『皮膚科カラーアトラス 臨床像と組織像』(中外医学社 2017)
 p39「スウィート病」
『あたらしい皮膚科学』(中山書店 2011)
 p133「Sweet症候群」
『今日の皮膚疾患治療指針』(医学書院 2012)
 p355-357「Sweet病、好中球性皮膚症」

2 インターネット情報
《J-STAGE》( https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/  科学技術振興機構)
 久永欣哉著「神経ベーチェット病と神経スウィート病」(『臨床神経学 vol.52 No.11』p1234-1236 日本神経学会 2012.11)( https://doi.org/10.5692/clinicalneurol.52.1234
 久永欣哉著「I.膠原病・類縁疾患に伴う神経・筋障害の診断と治療 10.神経Sweet病」(『日本内科学会雑誌 Vol.99 No.8』p815-1820 日本内科学会 2010.8)( https://doi.org/10.2169/naika.99.1815
回答プロセス
(Answering process)
1 《メルクマニュアル医学百科 プロフェッショナル版》( https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ プロフェッショナル MSD株式会社)を〈神経スウィート病〉〈Sweet病〉〈好中球性皮膚症〉〈急性熱性好中球性皮膚症〉〈スウィート症候群〉で検索する。
 「急性熱性好中球性皮膚症(スウィート症候群)」( http://www.msdmanuals.com/ja-jp/ プロフェッショナル/14-皮膚疾患/過敏症および炎症性疾患/急性熱性好中球性皮膚症#v962579_ja)

2 参考図書を確認する。
『今日の治療指針 私はこう治療している 2017』(福井次矢総[ほか]編集 医学書院 2017)
 p1192-1193 皮膚科疾患として「Sweet病(Sweet症候群)Sweet desease」の項に病態、臨床症状、診断、治療方針あり。

3 皮膚疾患関連の図書資料を確認する。

4 神経内科の図書資料を確認する。

5 データベースを調べる。
(1)《J-STAGE》( https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/  科学技術振興機構)を〈神経スウィート病〉〈神経Sweet病〉で検索する。
 
(2)《医中誌Web》(医学中央雑誌刊行会)を〈sweet病〉で検索する。
園田早苗著「3.紅斑になる疾患Sweet病」(『日本医師会雑誌 第134巻・特別号(2)』p56 日本医師会 2005)
 カラー写真あり。「疾患の概説」「診断のポイント」「必要な検査」「病気の原因」「治療」の項目あり。
神田奈緒子著「Sweet病の診方」(『医学のあゆみ Vol.243 No.7』p631-633 医歯薬出版株式会社 2012)
 「Sweet's syndromeとは」「臨床所見」「病理組織所見」「検査所見」「診断のポイント」「治療」「経過」の項あり。臨床写真と分類表あり。
溝口昌子著「スイート病,骨髄異形成症候群」(『医学のあゆみ Vol.206 No.2』p184-185 医歯薬出版株式会社 2003)
 「スイート病とは」「スイート病に合併しやすい血液疾患」「皮疹の臨床症状と組織学所見」「検査所見」「スイート病の診断」の項あり。臨床写真あり。

(3)《CiNii》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所)を〈スウィート病〉で検索する。
金本素子[ほか]著「P2-51 神経ベーチェット病との鑑別が困難であった神経スウィート病の1例」(『日本臨床免疫学会会誌 39巻4号』p429a 日本臨床免疫学会 2016)
 症例の紹介あり。

高瀬敬一郎[ほか]著「12 てんかん発作が成人期に初発し、神経ベーチェット・神経スウィート病による慢性髄膜脳炎と診断された3症例(第2回日本てんかん学会九州地方会)」(『てんかん研究 25(2)』p137-138 日本てんかん学会 2017)
 症例の紹介あり。

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2017年10月4日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内科学  (493 9版)
外科学  (494 9版)
参考資料
(Reference materials)
『神経疾患・診療ガイドライン 最新の診療指針』(鈴木則宏編 総合医学社 2009), ISBN 978-4-88378-388-5
『今日の神経疾患治療指針』(水澤英洋[ほか]編 医学書院 2013), ISBN 978-4-260-01621-6
『皮膚科疾患ビジュアルブック』(学研メディカル秀潤社 2012), ISBN 978-4-7809-1080-3
『皮膚疾患最新の治療 2017-2018』(南江堂 2017), ISBN 978-4-524-25416-3
『皮膚科カラーアトラス 臨床像と組織像』(中外医学社 2017), ISBN 978-4-498-06360-0
『あたらしい皮膚科学』(中山書店 2011), ISBN 978-4-521-73364-7
『今日の皮膚疾患治療指針』(医学書院 2012), ISBN 978-4-260-01323-9
キーワード
(Keywords)
皮膚病
神経内科学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
健康・医療
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000254964解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!