このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000250587
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2018-083
事例作成日
(Creation date)
2018年04月17日登録日時
(Registration date)
2019年01月24日 14時36分更新日時
(Last update)
2019年03月20日 11時24分
質問
(Question)
高血圧だとかかりやすい病気を知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。
『高血圧 QOLを大切にした血圧管理術 聖路加国際病院健康講座 10』(高尾信廣監修 双葉社 2002)
 p33「高血圧が一因となって血管障害が起きる部位は、心臓、脳、腎臓、脚、眼など人によってさまざま」とあり、狭心症、心筋梗塞、左室肥大、うっ血性心不全、脳出血、くも膜下出血、腎不全、高血圧性網膜症、閉塞性動脈硬化症などがあげられている。

『高血圧治療ガイドライン 2014』(日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会編 日本高血圧学会 2014)
 p7「高血圧は心血管病(脳卒中および心疾患)の最大の危険因子といってよい。」とあり。
 p8「高血圧は慢性腎臓病(CKD)、さらに末期腎障害の発症リスクを上昇させる。」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
1 NDC分類〈493〉(内科学)の棚を確認する。
『高血圧 QOLを大切にした血圧管理術 聖路加国際病院健康講座 10』(回答資料)
『わかりやすい*高血圧Q&A 降圧薬・家庭血圧など素朴な不安に答える』(今井潤著 保健同人社 2007)
 p38「なぜ、高血圧になるとからだにわるいのですか?」に日本高血圧学会が示している臓器障害、心血管病の一覧(高血圧治療ガイドライン2004)あり。

2 『わかりやすい*高血圧Q&A 降圧薬・家庭血圧など素朴な不安に答える』に掲載のある出典資料の最新版を確認する。
『高血圧治療ガイドライン 2014』(回答資料)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内科学  (493 9版)
参考資料
(Reference materials)
『高血圧 QOLを大切にした血圧管理術 聖路加国際病院健康講座 10』(高尾信廣監修 双葉社 2002), ISBN 4-575-29351-2
『高血圧治療ガイドライン 2014』(日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会編 日本高血圧学会 2014), ISBN 978-4-89775-322-5
キーワード
(Keywords)
高血圧
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
健康・医療
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000250587解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!