このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000049515
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-20080907
事例作成日
(Creation date)
2008年09月07日登録日時
(Registration date)
2008年12月05日 22時31分更新日時
(Last update)
2008年12月05日 22時31分
質問
(Question)
福井県内の活断層の位置がわかる地図はないか。
回答
(Answer)
当館所蔵資料では『都市圏活断層図 福井』に福井市、『新編 日本の活断層』に福井県の活断層の位置がわかる地図があります。また、産業技術総合研究所のホームページ「活断層データベース」でも、福井県の活断層の位置が分かります。他、参考資料に挙げた本を紹介。
回答プロセス
(Answering process)
自館OPACでキーワード「かつだんそう」×資料区分:郷土資料で検索
→『都市圏活断層図 福井』、「福井県嶺北地域の活断層」などがヒット。嶺北の活断層の位置は地図になっている。
嶺南についても、知りたいとのことで、上記2冊の周辺の書架(H450~453あたり)をブラウジング
→『土地分類基本調査』小浜、敦賀・竹生島などに断層の位置が分かる地図あり。また『柳ヶ瀬断層帯に関する調査報告書』、『福井平野東縁断層帯に関する調査概要報告書』もあり。
自館OPACでキーワード「かつだんそう」で検索
→『新編 日本の活断層』は、全国の活断層を20万分の1地勢図の区割りで紹介している資料。福井県は、金沢、岐阜、宮津に含まれており、活断層の位置が分かる地図あり。
Googleを「活断層」で検索
→産業技術総合研究所のホームページに「活断層データベース」がある。「都道府県で検索」を選択すれば、福井県の活断層の一覧が表示され、個々の活断層について、位置を示す地図などの情報あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地形学  (454 8版)
地震学  (453 8版)
参考資料
(Reference materials)
『都市圏活断層図 福井』2001.12 国土地理院編 H453/K2/1
「福井県嶺北地域の活断層」 (『日本海地域の自然と環境』第4号 1997 福井大学積雪研究室 H450/H3/1-4 所収)
『土地分類基本調査』敦賀・竹生島 1985 福井県 H455/T/2
『土地分類基本調査』鋸崎・小浜・丹後由良・舞鶴 1997 福井県 H455/T/9
『土地分類基本調査』西津・熊川 2001 福井県県民生活部 H455/T/11
『柳ヶ瀬断層帯に関する調査報告書』1997 福井県 H455/ケンミ
『福井平野東縁断層帯に関する調査概要報告書』1998 福井県 H455/ケンミ
『新編 日本の活断層』1991 東京大学出版会 454/N3/3
キーワード
(Keywords)
活断層
福井県
地震
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000049515解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!