このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B110513104548
事例作成日
(Creation date)
20110601登録日時
(Registration date)
2011年06月16日 02時05分更新日時
(Last update)
2011年06月16日 11時45分
質問
(Question)
透明ポリマーのうち、365nm~450nmに吸収が少ない(または無い)ものを調べてほしい。ポリマー名とスペクトルを知りたい。
回答
(Answer)
ご照会の事項について以下の通り回答します(【 】内は当館請求記号です)。

透明ポリマーのうち、365nm~450nmに吸収が少ない(または無い)ものについて取り上げた資料(1)(2)をご紹介します。
なお、『オックスフォード科学辞典』朝倉書店, 2009.6【M2-J26】によると、「透明」とは「入射する電磁波に対して認められるほどの吸収を示さない状態」(p.556)のことであり、「紫外線」は「400nm~4nmの光」(p.311)とあるため、「透明ポリマーのうち、365nm~450nmに吸収が少ないもの」とは、「ポリマー(高分子)のうち、紫外線・可視光線の吸収が少ないもの」とみなして調査を行いました。
併せて、参考として、高分子と紫外線の吸収に関するデータを収載した資料(3)(4)をご紹介いたします。

(1)『高分子材料大百科』日刊工業新聞社, 1999.7【PA431-G64】
「4.2.11 アクリル樹脂」(pp.212-214)に、メタクリル樹脂の紫外線透過率は著しく大きいとの記述があり(p.213)、メタクリル樹脂板の紫外線透過率のグラフが記述されています(p.214)。

(2)『高分子データハンドブック』培風館, 1986.1【PA2-183】
応用編の「1.7 アクリル樹脂」(pp.55-62)に、アクリル樹脂製品の一つである注形板の分光透過率(測定波長:約200-約2200nm)のグラフが記述されています(p.58)。

(3)『Handbook of organic compounds : NIR, IR, Raman, and UV-Vis spectra featuring polymers and surfactants』Academic Press, 2001【PA325-A110】
第2巻(サブタイトル「UV-Vis and NIR spectra」)に、高分子を含む有機化合物の紫外線・可視光線の吸収スペクトルのデータが記述されています。
物質名称のアルファベット順に掲載されており、スペクトルデータからの検索はできません。
物質名称が"poly"で始まるものは、pp.163-247に載っています。

(4)『Physical properties of polymers handbook』Springer, 2007【PA431-B23】
p.858 に、高分子の紫外線・可視光線の吸収(Absorption of UV-visible radiation by common synthetic and natural polymers)に関するデータがあり、19種類の高分子について、最も吸収率の高い紫外線・可視光線の波長等が記述されています。
ただし、吸収が多いことに関するデータを中心に掲載しているため、吸収が少ないかどうかを読み取ることはできません。


調査済資料
・『化学便覧. 基礎編 1』丸善, 2004.2【PA2-H21】
・『化学便覧. 基礎編 2』丸善, 2004.2【PA2-H22】
・『CRC Handbook of Chemistry and Physics』91th, 2010/2011 CRC Press【Z63-C694】
・『Landolt-Bornstein』Springer, 1961-2010【M5-B1】
・『高分子分析ハンドブック』朝倉書店, 2008.9【YU7-J790】
・『高分子辞典』朝倉書店, 2005.6【PA2-H51】
・『Polymers : a property database』CRC Press, 2009【PA2-B37】
・『Polymeric materials encyclopedia』CRC Press,1996【PA2-A134】
・『Encyclopedia of polymer science and technology』Wiley-Interscience, c2003-c2004【PA2-B19】
・『Polymer handbook』J. Wiley, 1999【PA2-A135】
・『Polymer data handbook』Oxford University Press,2009【PA431-B45】
・『Encyclopedic dictionary of polymers』Springer,2007【YU111-B573】
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『15911の化学商品 2011年版』(化学工業日報社,2011年)
『化学工業年鑑 2008年版』(化学工業日報社,2008年)
NDC
分析化学[化学分析]  (433)
高分子化学工業  (578)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
透明ポリマー
高分子
樹脂
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000087638解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!