このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20121001-3
事例作成日
(Creation date)
2012年10月01日登録日時
(Registration date)
2012年10月01日 19時03分更新日時
(Last update)
2012年10月02日 10時48分
質問
(Question)
法学雑誌の判例にあった「積極」、「消極」について知りたい。
回答
(Answer)
http://www.ipc.hokusei.ac.jp/~z00199/lrc06N.html#2.2.  (2012/10/01確認)
2.2.2. 判例雑誌の特色

判時・判タのような判例雑誌の特色として、次のような点があります。
第1に、各判例の冒頭に当該判例で示された判断の要旨が掲げられています。公式判例集にも「判示事項」と「判例要旨」が記載されていますが、判例雑誌では、冒頭に太字で掲げてあることが多いようです。これらの記述は、(公式判例集の「判示事項」や「判例要旨」にしても)もともとの判決文に記載されていたのではなく、判例集の編纂に際して後から付されたものですから、同じ判例でも判例集によって取り上げ方が異なっている場合があります。なお、裁判所の判断が「積極」とか「消極」という用語で表示されている場合があります。「積極」は肯定、「消極」は否定の意味です。
回答プロセス
(Answering process)
判例の世界と主要判例集 齊藤正彰@北星学園大学を調べた。

http://www.ipc.hokusei.ac.jp/~z00199/lrc06N.html  (2012/10/01確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
法律  (320 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
判決
判例
積極
消極
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000112016解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!