このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻501
事例作成日
(Creation date)
20191111登録日時
(Registration date)
2019年11月08日 12時41分更新日時
(Last update)
2020年09月11日 18時46分
質問
(Question)
1.木曽の観光客の推移(20年くらい前から)
2.塩尻市の観光客推移(20年くらい前から)
3.長野県の観光客推移(20年くらい前から)
4.日本の伝統工芸の市場の推移(20年くらい前から)
5.日本の漆器産業の市場の推移(20年くらい前から)
回答
(Answer)
1、2、3の質問については、長野県公式ホームページの「観光地利用者統計調査」に平成15年から平成30年までの統計が掲載されている。 https://www.pref.nagano.lg.jp/kankoki/sangyo/kanko/toukei/riyousya.html (最終確認日2020年8月20日)

1について 上記統計の平成15年観光地利用者統計調査には、木曽路の平成2年から15年までの延利用者の推移が載っている。また、木曽町公式ホームページの「統計でみる木曽町のすがた」に町勢要覧資料編(平成27年発行)があり、平成2年から平成15年までの観光地利用者の推移が掲載されている。これでは、木曽福島、木曽駒高原、開田高原、御岳山(三岳)の利用者数が分かる。 https://www.town-kiso.com/files/file/box/b2/b26c6333beb52d17b7fcb17f91d297aaf0b2d75e.pdf (最終確認日2020年8月20日)
【資料4】p340に、楢川村の奈良井宿、平沢の観光入り込み客数(平成元年から平成14年まで)が掲載されている。

2について 塩尻市公式ホームページの統計しおじり2018版の「観光地利用者数」では、平成25年から平成29年の数が分かる。 http://www.city.shiojiri.lg.jp/gyosei/tokei/tokeishiryo/toukeishiojiri/toukeishiojiri2018/2019-7kyouiku.html (最終確認日2020年8月20日)統計しおじり2013版では、平成20年から平成24年までの数が分かる。『統計しおじり』2010年版では、平成17年から平成21年の数が分かる。この他当館には、【資料1】から【資料2】まで毎年発行の塩尻市の統計資料があり、観光地利用者数が掲載されている。

4、5について 平成23年に経済産業省製造産業局伝統的工芸品産業室が作成した「伝統的工芸品をめぐる現状と今後の振興施策について」 https://www.meti.go.jp/committee/summary/0002466/006_06_00.pdf (最終確認日2020年8月20日)に昭和49年から平成21年までの伝統的工芸品全体の生産額と、漆器等の生産額が載っている。

5について【資料3】p10に工芸品の年生産額などが掲載されており、「漆器」の項目あり。p123に木曽漆器の年生産総額が載っている。

参考までに
【資料5】には、長野県と県内市町村の観光意欲度、産品購入意欲度、訪問率などが掲載されている。
【資料6】には、長野県内の市町村の観光意欲度、産品購入意欲度などが掲載されている。
【資料7】には、1960年から1985年の漆器製品出荷額推移が掲載されている。
データベース「日経テレコン21」で「漆器 市場」で検索すると参考になりそうな新聞記事がある。
レファレンス協同データベースに、箸の市場規模等についての事例あり。 https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&lsmp=1&kwup=%E7%AE%B8%E3%80%80%E5%B8%82%E5%A0%B4&kwbt=%E7%AE%B8%E3%80%80%E5%B8%82%E5%A0%B4&mcmd=25&mcup=25&mcbt=25&st=score&asc=desc&oldmc=25&oldst=score&oldasc=desc&id=1000175648 (管理番号:埼久-2015-041 埼玉県立久喜図書館 2020年8月20日最終確認)
回答プロセス
(Answering process)
3については、長野県のホームページに掲載されていると思い、確認した。1と2についても掲載されていた。
2については、『統計しおじり』を確認した。
4については、googleで「伝統的工芸品 市場」をキーワードに検索したところ、経済産業省作成の資料を見つけた。
書架から【資料3】~【資料7】の資料を見つけた。
レファレンス協同データベースを「市場 漆器」で検索する。箸の市場規模等についての事例あり。
過去20年くらいの国内の伝統工芸品と漆器の売り上げ、販売数が分かるような資料は、当館では見つけられなかった。

その他調査済み資料
『日本統計年鑑2019』ISBN 978-4-620-85028-3
『業種別業界情報2019年版』ISBN 978-4-87428-236-6
『ビジネス調査資料総覧2011』ISBN 978-4-902975-49-9
『民力 2015』ISBN 978-4-02-331434-4
『消費生活年報2017』ISBN 978-4-906051-92-2
『地域経済総覧2020』東洋経済新報社
『県民経済計算年報平成27年度』ISBN 978-4-904208-44-1
『日本経済統計集1989-2007』ISBN 978-4-8169-2188-9
『平成26年 全国消費実態調査報告 第1巻その3』ISBN 978-4-8223-3915-9
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
統計  (350)
工芸  (750)
マーケティング  (675)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】塩尻市企画財政部企画課. 統計しおじり 1999年版. 塩尻市, 2000年. p. 77p (当館請求記号 N351.5)
【資料2】塩尻市企画政策部企画課/編 , 塩尻市企画政策部企画課. 統計 しおじり 2018年版. 塩尻市, 2019-03.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I091175835-00
【資料3】伝統的工芸品産業振興協会 編 , 伝統的工芸品産業振興協会. 全国伝統的工芸品総覧 : 受け継がれる日本のものづくり 平成18年度版. 同友館, 2007.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009135342-00 , ISBN 9784496043499
【資料4】楢川村誌編さん・執筆委員編集 , 楢川村誌編纂委員会. 村民から塩尻市民へ. 塩尻市, 2008. (木曾・楢川村誌 / 楢川村誌編纂委員会編, 続)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I003641093-00
【資料5】ブランド総合研究所. 地域ブランド調査2019. ブランド総合研究所, 2019年. p118~121 (当館請求記号 675.2ブ)
【資料6】ブランド総合研究所. 地域ブランド調査2019ハンドブック. ブランド総合研究所, 2019年. p130~135 (当館請求記号 675.2ブ)
【資料7】信州地理研究会 編著 , 信州地理研究会. 変貌する信州 : 地理教師の報告 2. 信濃教育会出版部, 1993.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002297254-00  p191, ISBN 4783910766
キーワード
(Keywords)
観光客
伝統工芸
漆器
市場
長野県
塩尻市
木曽
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000264872解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!