このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2017-098
事例作成日
(Creation date)
2016年07月26日登録日時
(Registration date)
2017年12月03日 13時01分更新日時
(Last update)
2018年05月09日 13時21分
質問
(Question)
元禄・正徳時代の大名屋敷(特に若年寄鳥居伊賀守忠英)の座敷牢にはどのような人が、どのような理由で閉じ込められていたのか。また、幕府の裁判にかけずにこっそり殺すために閉じ込めたと聞いたことがあるが、そうなのか知りたい。
回答
(Answer)
「鳥居伊賀守または、元禄・正徳時代の大名屋敷の座敷牢」に関する記述は見つからなかった。
なお、関連する記述のある以下の資料を紹介した。
『江戸の罪と罰』(平松義郎著 平凡社 1988)
 p76「大名の刑罰権は「一領一家中」、すなわち家臣とその家族、および領内の人民に及ぶ。(略)領主権は領土権というより領民支配権であった。大名は刑罰権内であれば事件を裁判し、磔や火罪という重い死刑も科すことができる」
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈大名屋敷〉で検索する。
『別冊 宝島 2389 図解!江戸の大名屋敷』(宝島社 2015.9)
座敷牢に関する記載なし。

2 NDC分類〈322〉の棚にあたる。
『江戸時代の罪と罰』(氏家幹人著 草思社 2015)
『江戸の罪と罰』(平松義郎著 平凡社 1988)
座敷牢に関する記載なし。

3 《国会図書館 NDL-OPAC(雑誌記事索引)》( https://ndlopac.ndl.go.jp/  国会図書館)を〈大名屋敷〉で検索する。
「大名屋敷の生活と規制」(『歴史評論 1994年12月号 536』p27-40 校倉書房 1994.12)
座敷牢に関する記載なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
法制史  (322)
参考資料
(Reference materials)
『江戸の罪と罰』(平松義郎著 平凡社 1988), ISBN 4-582-84118-X
キーワード
(Keywords)
座敷牢
大名屋敷
鳥居伊賀守
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000225841解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!