このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-255
事例作成日
(Creation date)
2013年02月03日登録日時
(Registration date)
2013年03月12日 16時12分更新日時
(Last update)
2013年06月04日 14時26分
質問
(Question)
文久2年(1862)の薩摩藩の石高と人口を知りたい。
回答
(Answer)

幕府によって認知された表高(知行充行状や知行目録に書き載せられた禄高。実際の収入高とは相違した)は、72万8700石(資料によっては72万9000石余)であるとの記述が見つかった。実高については、享保年間(1716-1735)に86万7000石余であったとの記述が見つかった。

人口については、文久2年の数値は見つからなかったが、『鹿児島県史』によると文政9年(1826)は、総計86万5141人、明治2-3年に行なわれた調査を収録した『藩政一覧』によると、89万6808人との記述が確認できた。
 
次の資料の記述を紹介した。

『藩史大事典 7 九州編』(木村礎〔ほか〕編 雄山閣出版 1988)
 p535-553「鹿児島藩(別称薩摩藩)」の章あり。
 p541「藩主一覧」の〈島津忠義〉(在任期間が安政5(1858)-明治4年)の項が該当。石高(表高)72万8700石(寛永11年から変わらず)
 p537〈藩の居城〉の項、「人口 89万6808人(除琉球国)」(出典:明治二年「藩制一覧」)とあり。

『日本史籍協会叢書 173 藩制一覧』(日本史籍協会編 東京大学出版会 1967)
 p151-152〈鹿児島藩〉の項、p152「人口は89万6808人」とあり。
「藩制一覧」は「例言」によれば「明治初年に太政官が各藩に向けて其藩の「草高、税目、税額、人口、戸数、社寺数」の調査を命じ、それに対して明治2、3年に各藩から上申したものを収録したもの」と推測されている。

『国史大辞典 3』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1983)
 p234-236〈鹿児島藩〉の項あり。
「元和3年(1617)60万5000石余の領知高判物をうけ、寛永十一年(1634)の判物で琉球高12万3000石余を加え、72万9000石余が表高として固定した。」「享保内検(享保7年(1722)-11年)には門高の均等化と門数増加がなされ86万7000石余の内高となった。」

『藩史総覧』(新人物往来社 1977)
 p418-420〈薩摩藩〉の項あり。
「二代光久時代の正保三年(1647)十二月十二日の領内高目録や、寛文四年四月五日の領知目録によれば、藩領構成は、(略)あわせて652ヵ村15島73万0070石(石未満四捨五入)で構成されていた。内高は光久時代の万治年間74万7193石であったが、五代継豊の享保年間86万7027石に及んだ。」

『鹿児島県史 2』(鹿児島県編 鹿児島 1980)
 p3-8「藩の領域及び人口」の章あり。
「薩摩藩の領域は薩摩・大隅両国及び日向国諸県部、外に琉球十五島である。」
「薩藩の人口に就いては、主として、宗門手札改の結果によって知る事が出来る。初めて宗門手札の制度を布いたのは寛永十二年で、その後同16年以降数年を隔てて前後恐らく二十数回の手札改を行なっている。」
 貞享元年(1684)年から文政9年(1826)までの表あり。文政9年は、総計86万5141人。

回答プロセス
(Answering process)

その他の調査経過は次のとおり。
以下の資料には人口の記載なし。
『新編物語藩史 12 九州地方の諸藩』(新人物往来社 1977)
 p311-356〈薩摩藩〉の項あり。
 p316「第1表 島津氏領国内郡別村数・石高表」を見ると、薩摩国・大隅国・日向国の合計が60万5863石、琉球十五島が12万3710石となっている。
 p328下段「慶長14年琉球を合せて薩摩藩の石高は70数万石になったが」とあり。
『藩史事典』(藩史研究会編 秋田書店 1977)
 p522-526「鹿児島藩(薩摩藩)」
 p523「通称75万石とも77万石ともいわれ、正保3年(1646)の知行目録によれば、薩摩31万5千石、大隅17万833万石、日向諸県郡の内12万24石、琉球12万3710石、総高72万9567石であった。但しこれは、籾高であるから米高計算すれば37万石位であった。」
『近世史ハンドブック』(児玉幸多〔ほか〕編 近藤出版社 1984)文献多数
 p127 薩摩藩 石高・人口の記載なし
『藩と城下町の事典 国別』(工藤寛正編 二木謙一監修 東京堂出版 2004)
 p634-638〈鹿児島藩(薩摩藩)〉の項あり。「鹿児島藩の石高は寛永十一年(1634)の判物では薩摩・大隅・日向国60万5000石余に琉球諸島12万3700石が加わり、合せて72万9000石余が表石として固定した。」
 

人口学に関する資料を調査
『一目でわかる江戸時代 地図・グラフ・図解でみる』(市川寛明編 竹内誠監修 小学館 2004)
 p39-62「第2章 自然環境と人口」
 p45 「国別の人口と増加率 享保6年(1721)-明治5年(1872)」の表あり。(ただし、武士・公家・僧侶等を除いた数字)
『近世歴史地理学』(山崎謹哉編著 大明堂 1985)
 p48「表7 幕末期における藩別身分別人口構成」あり。質問の藩については記載なし。
 参照文献「明治初年の人口構成に関する一考察」(土屋喬雄)あるが、所蔵なし。
 (《CiNii》より土屋喬雄「明治初年の人口構成に關する一考察」(「社會經濟史學 1(1)」p144-164  1931-05-1))
『歴史遊学 史料を読む』(学習院大学文学部史学科編 山川出版社 2001)
 p94-95〈マクロとミクロ〉の項「近世の人口学には、宗門人別帳を数量的に分析する研究がある。六年ごとの人別帳に記された合計の人数の変化を追い、折れ線グラフなどを作成して、どの年に増加したか減少したか、大きな傾向をつかむのに役立てる。
『日本歴史入門 社会の科学入門シリーズ』(板倉聖宣著 仮説社 1981)
 p100「(図12) 江戸時代後半に人口の増減がとくにはげしかった地域(国別)の人口の変動を示すグラフ」〈薩摩〉あり。具体的な人数わからず。
 

その他調査した資料
『江戸の人口の研究』(鷹見安二郎著 東京市 1940)
『近世歴史地理学』(山崎謹哉編著 大明堂 1985)
『近世人口問題史料 経済史研究会叢刊 第4冊』(本庄栄治郎編 清文堂 1971)
『歴史人口学で見た日本 文春新書200』(速水融著 文藝春秋 2001)
『歴史人口学のフロンティア』(速水融、鬼頭宏編 東洋経済新報社 2001)
『徳川日本のライフコース 歴史人口学との対話』(落合恵美子編著 ミネルヴァ書房 2006)

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
予算.決算  (344 9版)
日本史  (210 9版)
九州地方  (219 9版)
参考資料
(Reference materials)
『藩史大事典 7 九州編』(木村礎〔ほか〕編 雄山閣出版 1988)
『日本史籍協会叢書 173 藩制一覧』(日本史籍協会編 東京大学出版会 1967)
『国史大辞典 3』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1983)
『藩史総覧』(新人物往来社 1977)
『鹿児島県史 2』(鹿児島県編 鹿児島 1980)
キーワード
(Keywords)
鹿児島県-歴史-江戸時代
鹿児島県-人口
鹿児島藩
薩摩藩
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000128777解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!