このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000020047
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2001-127
事例作成日
(Creation date)
2001/12/11登録日時
(Registration date)
2005年02月17日 02時14分更新日時
(Last update)
2009年11月20日 14時01分
質問
(Question)
江戸時代から第二次大戦前までの、関東または埼玉県の牛馬頭数を知りたい。関東または埼玉県の数がわからなければ、日本全国の数でもよい。
回答
(Answer)
『新編埼玉県史 別編5』『武蔵国郡村誌 15』『明治徴発物件表集成 3』『昭和前期農政経済名著集 19』『馬の文化叢書 4』などの記述から埼玉県、関東地方の牛馬頭数がわかる。全国レベルでは、『完結昭和国勢総覧 1』『明治大正国勢総覧』『数字でみる日本の100年』に頭数あり。江戸時代については体系的な数字は得られなかった。以上を回答する。
回答プロセス
(Answering process)
『新編埼玉県史 別編5』p311に明治27-昭和22年(昭和16-21は欠)の「家畜頭数(その1)」に埼玉県の牛馬頭数あり。
『武蔵国郡村誌 15』には、各郡ごとの明治9年1月1日調査の頭数あり。
『明治徴発物件表集成 3』にも、各郡ごとの明治11年の頭数あり。
『昭和前期農政経済名著集 19』に、関東地方の大正12、昭和3、昭和8年の頭数あり。
『馬の文化叢書 4』には、武蔵国の明治10年の頭数あり。

全国レベルでは、『完結昭和国勢総覧 1』に大正15-昭和63年、『明治大正国勢総覧』に明治11-大正14、『数字でみる日本の100年』に明治10-平成3年の頭数あり。
また、『日本食肉史年表』には、明治10-35年のおもに牛の屠殺数・売買数が見られる。
『日本馬制史 5』には、明治末-大正4、5年頃の県別の駒産数があるが(県によっては牛頭数もあり)、埼玉県の記述なし。
江戸時代については、徳川幕府が各藩所有の馬数を統制した旨の記述や(『日本畜産史』)、藩政による馬牛組合の記述(『国史大辞典 9』)等が散見されるが、体系的な数字は得られなかった。

以上を回答する。
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済資料:「江戸時代人づくり風土記 50」「日本歴史大辞典」(河出書房新社)「日本史大事典」(平凡社)
NDC
家畜.畜産動物.愛玩動物  (645 9版)
日本  (351 9版)
参考資料
(Reference materials)
『新編埼玉県史 別編5 統計』(埼玉県 1981)
『武蔵国郡村誌 15』(埼玉県 埼玉県立図書館 1955)
『明治徴発物件表集成 3』(一橋大学経済研究所附属日本経済統計情報センター クレス出版 1990)
『昭和前期農政経済名著集 19 畜産経済地理』(近藤康男 農山漁村文化協会 1980)
『馬の文化叢書 4 近世』(馬事文化財団 1993)
『完結昭和国勢総覧 1』(東洋経済新報社 1991)
『明治大正国勢総覧』(東洋経済新報社 1929)
『数字でみる日本の100年 日本国勢図会長期統計版』(矢野恒太記念会 国勢社 1991)
キーワード
(Keywords)
馬-うま
牛-うし
家畜
家畜-統計-埼玉県-関東地方-日本
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
定番事例-参考資料-新編埼玉県史-解決
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000020047解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!