このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
佐世保市立図書館 (2300056)管理番号
(Control number)
R1001544
事例作成日
(Creation date)
2019/12/01登録日時
(Registration date)
2019年12月06日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年12月26日 19時43分
質問
(Question)
刑法または憲法の条文で「隠蔽工作の禁止」について書かれたものはあるか。
回答
(Answer)
刑法第一〇三条(犯人蔵匿等)および第一〇四条(証拠隠滅等)を紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
①国立国会図書館「リサーチ・ナビ」で「隠蔽工作の禁止」および「隠蔽工作&法」で検索したが、いずれも法律関係の本はヒットせず。
 
②e-Gov法令検索を用いて検索。
法令名「隠蔽」→ヒットせず。
法令用語「隠蔽」→47件ヒットしたが、条文中に「隠蔽」という言葉を含むもの全てがヒットするので一旦保留。
なお、検索結果に憲法および刑法はなし。
 
③Googleで「隠蔽工作の禁止&刑法」と検索
 検索結果の一覧に「犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪」とあったので内容を確認したところ、刑法103条~105条の2が該当するとのことだった。
 
④『模範六法』判例六法編修委員会/編 三省堂 2019.11
 条文を確認し質問者に示したところ103条および104条の複写を希望。
 提供して、調査終了。
事前調査事項
(Preliminary research)
・国家公務員法の条文を見たが載っていなかったので、刑法か憲法のどちらかだと思うとのこと。
NDC
法律  (320 9版)
参考資料
(Reference materials)
模範六法 2020 判例六法編修委員会/編 三省堂 2019.11 320.91, ISBN 978-4-385-15972-0
刑法(犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪) https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=140AC0000000045 2019/12/5 (電子政府の総合窓口 e-Gov[イーガブ])
キーワード
(Keywords)
証拠隠滅
隠蔽工作
刑法
法律
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000269912解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!