このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233529
提供館
(Library)
茨城県立図書館 (2110017)管理番号
(Control number)
茨城-2017-205
事例作成日
(Creation date)
2018/02/02登録日時
(Registration date)
2018年03月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年05月09日 14時22分
質問
(Question)
国連軍の機構・組織・配置状況等について知りたい。(主として朝鮮国連軍)
回答
(Answer)
1 国連軍・国際連合に関する資料より調査
(1)『世界大百科事典 10 改訂新版』(平凡社,2007)
p.252-253「国連軍 United Nations Force」の項目があります。
言葉の定義・概要を把握するには簡潔にまとまっています。

「世界平和と安全の維持を目的として国際連合が編成する国際軍隊。〈国連軍〉とは国連憲章上の正式な名称ではなく,その具体的な目的・構成・機能についても一定していないが,強制行動型国連軍(強制軍)と平和維持活動型国連軍(平和維持軍)とに大別できる。」(p.252)
強制軍の解説中に,「軍事的強制措置のための国連軍は国連固有の軍隊ではなく,安保理事会と各加盟国との〈特別協定〉(43条)に基づき加盟国の提供する兵力によって組織される。」,「予定した強制軍としての国連軍はこれまで存在していない。」,強制行動実施のため組織された唯一の例である朝鮮戦争時の朝鮮国連軍は,「安保理事会決議の成立経緯や軍編成内容およびその活動からみて,むしろ西側の同盟軍的国連軍と呼んだほうが適切である。」との記述があります(p.252)。


(2)『世界地理大百科事典 1 国際連合』(田辺 裕/総監修,朝倉書店,2000)
第1巻が国際連合についての巻になっており,朝鮮半島についての項目もあります。
国連の組織については,こちらの資料の解説がわかりやすいかと思われます。

〈関連する部分〉
p.2「国際連合の組織図」
p.3-6「国際連合システムの構造」
p.35-43「安全保障理事会」
p.84-106「国際の平和および安全」中,「代表的事例に見る国連活動の歴史」に「朝鮮半島」の項目あり(p.99-101)
「7月7日,安保理は加盟各国に対して,アメリカ軍のもとでの統一司令部にそれぞれの軍隊を提供することを求める勧告を,投票によって採択した(注意すべきなのは,安保理は憲章第7章の用語である「平和の破壊」などを用いているものの,憲章そのものはとくに援用したわけではなく,すべての国に対して安保理の決定にしたがうよう命令するという,憲章に基づく権限を用いたのでもない点である)」(p.100)との記述があります。


(3)『国際連合の基礎知識 2014』(国際連合広報局/著・八森 充/訳,関西学院大学総合政策学部,2015) 
国際連合広報局の作成した図書ですが,朝鮮半島についての記述は出てきませんでした。

〈関連する部分〉
p.18-19「国際連合機構図」
p.99-197「第2章 国際の平和と安全」…朝鮮半島については記述なし。
 p.103-105「現在展開中の平和維持活動」
 p.111-113「現在の政治・平和構築ミッション」
p.398-402「平和維持活動:現在および過去(1948年-2013年)」…朝鮮半島については記述なし


2 朝鮮戦争(韓国戦争)に関する資料より調査
(1)『韓国戦争 全6巻』(韓国国防軍史研究所/編,かや書房,2000-2010)
   第1巻 人民軍の南侵と国連軍の遅滞作戦
   第2巻 洛東江防御戦と国連軍の反攻
   第3巻 中共軍の介入と国連軍の後退
   第4巻 国連軍の再反攻と共産軍の春季攻勢
   第5巻 休戦会談の開催と陣地戦への移行
   第6巻 休戦

韓国の作成した公刊史で,詳細に解説されています。時期ごとの配置図もあります。
全6巻と分量が多いため,下に紹介する『図説朝鮮戦争』で足りない部分を,確認する形で読み進めるとよろしいかと思われます。
国連軍の初動組織について,「国連軍司令部の創設と支援体制の確立」という節が,第1巻第3章第3節にあります(p.285-296)。


(2)『図説朝鮮戦争』(田中 恒夫/著,河出書房新社,2011) 
上記『韓国戦争』が主要参考文献の1番目に上がっており,個々の事項についてコンパクトに解説されています。配置図等もあります。
 「国連軍の編成」については,p.37に解説があり,p.36に編成図,p.38に「国連軍参加国」の国名・部隊・期間についてまとめた表があります。
回答プロセス
(Answering process)
(1) 百科事典を確認

(2) 国際連合に関する資料から調査
回答以外に確認した資料
・『逐条解説国際連合入門』(芳賀 四郎/著,日本国際連合協会,1948) 

(3) 朝鮮戦争(韓国戦争)に関する資料から調査
回答以外に確認した資料
・『朝鮮戦争全史』(和田 春樹/著,岩波書店,2002) [221.0/ワダ/ 001000473023]
米軍・韓国軍ごとに記述されており,国連軍が明確でないため,紹介せず。

・『韓国歴史地図』(韓国教員大学歴史教育科/著,平凡社,2006) [221.0/カン 001001047636]
p.188-189「朝鮮戦争」の項目あり。組織図・配置図はなし。
事前調査事項
(Preliminary research)
国立国会図書館へもレファレンスしてもらったが,資料がなかった。
NDC
朝鮮  (221 9版)
国際法  (329 9版)
戦争.戦略.戦術  (391 9版)
参考資料
(Reference materials)
世界大百科事典10平凡社
国際連合の基礎知識2014国際連合広報局/著関西学院大学総合政策学部
世界地理大百科事典1田辺 裕(1936~)/総監修朝倉書店
韓国戦争第1巻韓国国防軍史研究所/編かや書房
図説朝鮮戦争田中 恒夫(1949~)/著河出書房新社
キーワード
(Keywords)
朝鮮戦争(チョウセン センソウ)
韓国戦争(カンコク センソウ)
国連軍(コクレングン)
国際連合(コクサイ レンゴウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000233529解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!