このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2020-029
事例作成日
(Creation date)
2019年6月26日登録日時
(Registration date)
2020年04月28日 11時58分更新日時
(Last update)
2020年11月15日 14時33分
質問
(Question)
埼玉県における、戦後初期から1979年ごろまでの知的障害(精神薄弱)の子どもたちの就学状況や実態(障害の程度・在籍数等)がわかる資料を見たい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介した。

『埼玉の障害児教育 実践と課題』(「埼玉の障害児教育-現状と課題-」編集委員会編 埼玉県特殊教育研究会 1982)
 p6「本県特殊学級設置状況推移」昭和23年から56年までの小・中学校の学級数・生徒数の推移(障害別)の表あり。
 p280「表15 就学猶予・免除児の推移」昭和48年から55年までの数値あり。
 p288「表20 障害種別と程度」昭和56年7月時点の訪問教育対象児329人の重複障害の程度をのべ人数で表した記述あり。
『埼玉の特殊教育』(埼玉県教育委員会 埼玉県教育委員会 1978)
 p4「資料 特殊学級設置数の推移」昭和33年、38年、43年、48年、53年の数値(精神薄弱の区分)あり。
 p24-29に川越・川口・春日部・和光南の各養護学校における学部別の障害の程度の人数あり。
『埼玉の特殊教育 昭和55年3月』(埼玉県教育員会 埼玉県教育委員会 1980)
 p22-23「昭和54年度 障害別学級数」あり。
『さくら草 特殊教育百年記念誌』(特殊教育百年記念埼玉県心身障害児教育振興会編 特殊教育百年記念埼玉県心身障害児教育振興会 1978)
 p315-322「小中学校特殊学級」昭和53年5月1日時点の学級数・人数あり。
『埼玉県教育要覧 1955年』(埼玉県教育局調査研究課編 埼玉県教育委員会 1955)
 p86-88「14 特殊教育 (三)特殊学級設置校」に学校別の学級数・児童数・種別あり。
 p196「不就学学令児童生徒数(昭和30年度学校基本調査)」に精神薄弱で就学免除・就学猶予となっている人数あり。
 p205「児童生徒疾病異常該当率(昭和30年度学校基本調査)」に小中高別で精神薄弱の数あり。
『埼玉県教育要覧 昭和40年』(埼玉県教育局秘書調査課編 埼玉県教育委員会 1965)
 p120「2 特殊学校の現状」あり。「精神薄弱教育」の小中高別の学級数と児童・生徒数あり。
『埼玉県教育要覧 昭和50年度版』(埼玉県教育局総務課編 埼玉県教育委員会 1975)
 p140「昭和49年度 特殊教育機関設置状況」あり。「(3)ちえ遅れ」に4つの学校名があり、小中高の合計人数あり。
『学校教育統計書 昭和26年度』(埼玉県総務部統計課編 埼玉県総務部統計課 1952)
 p10「小学校、市郡別、学年別、学級別、学校数および一学校当りの学級数」に「特殊学級」の数あり。
 p14「中学校、市郡別、学年別、学級別、学校数および一学校当りの学級数」に「特殊学級」の数あり。
 p34-37「幼稚園、小学校、中学校、高等学校身体検査疾病異常集計表およびその百分比」に「精神薄弱」の数あり。
『学校教育統計書 昭和30年度』(埼玉県総務部統計課編 埼玉県総務部統計課 1956)
 p4「第2表 学級数」に「特殊学級A」として「精神薄弱」の学級数あり。
 p16「学令生徒数」に「精神薄弱」の就学免除・就学猶予の数あり。
『学校教育統計書 昭和41年度』(埼玉県 埼玉県 1967)
 p2-3「小学校」の項に特殊学級の学級数・児童数・一学級当り児童数あり。
 p4-5「中学校」の項に特殊学級の学級数・生徒数あり。
 p8「表26 男女別、理由別、不就学学齢児童生徒数」(精神薄弱の区分)あり。
 p34「表14 市町村別、男女別、理由別、不就学学齢児童生徒数」(精神薄弱の区分)あり。
『学校教育統計書 昭和50年度』(埼玉県 埼玉県 1976)
 p7「付表1 小学校の推移」に昭和46年から50年の特殊学級の数・児童数あり。
 p8「付表2 学年別児童数」に小学生の特殊学級児童数あり。
 p9「付表4 中学校の推移」に昭和46年から昭和50年の特殊学級の数・生徒数あり。
 p10「付表2 学年別生徒数」に中学生の特殊学級生徒数あり。
 p22「付表20 理由別不就学学齢児童生徒数」に昭和46年から50年の数(精神薄弱の区分)あり。
 p30-31「第3表 小学校の市町村別学校数・児童数・学級数」に特殊学級の数あり。
 p42-43「第8表 中学校の市町村別学校数・生徒数・学級数」に特殊学級の数あり。
 p58「第17表 特殊学校の学校数・学級数・在学者数・卒業者数」あり。
 p94「第34表 年齢別、不就学学齢児童生徒数及び死亡者数」(精神薄弱の区分)あり。
 p95-96「第35表 市郡別、不就学学齢児童生徒数及び死亡者数等」(精神薄弱の区分)あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈障害児 & 教育〉〈特殊教育〉で検索する。

2 『埼玉県教育要覧』『学校基本調査(学校教育統計)』『埼玉の教育白書』を確認する。

3 《埼玉県立総合教育センター教育資料室蔵書検索》( http://www.lib-finder.net/s-center/servlet/Index?findtype=2  埼玉県立総合教育センター)を〈埼玉県特殊教育研究会〉で検索する。

〈その他調査済み資料〉
『埼玉の障害児教育 半世紀のあゆみ』(「埼玉の障害児教育 半世紀のあゆみ」編集委員会編 埼玉県特別支援教育研究会 2003)
『埼玉県特殊教育文献便覧 第1集(昭和43年度)』(埼玉県立教育センター編 埼玉県立教育センター 1968)
『埼玉県教育要覧 昭和24年度』(埼玉県教育局調査研究課編 埼玉県教育委員会 1950)
『埼玉の教育白書 1969-1976年度版』(埼玉県教職員組合 1969-1985)

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2019年6月26日。
事前調査事項
(Preliminary research)
『戦後の埼玉県精神薄弱教育史』(「戦後の埼玉県精神薄弱教育史」編集委員会編 埼玉県特殊教育研究会 1971)
NDC
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
教育  (370 9版)
参考資料
(Reference materials)
『埼玉の障害児教育 実践と課題』(「埼玉の障害児教育-現状と課題-」編集委員会編 埼玉県特殊教育研究 1982)
『埼玉の特殊教育』(埼玉県教育委員会 埼玉県教育委員会 1978)
『埼玉の特殊教育 昭和55年3月』(埼玉県教育員会 埼玉県教育委員会 1980)
『さくら草 特殊教育百年記念誌』(特殊教育百年記念埼玉県心身障害児教育振興会編 特殊教育百年記念埼玉県心身障害児教育振興会 1978)
『埼玉県教育要覧 1955年』(埼玉県教育局調査研究課編 埼玉県教育委員会 1955)
『埼玉県教育要覧 昭和40年』(埼玉県教育局秘書調査課編 埼玉県教育委員会 1965)
『埼玉県教育要覧 昭和50年度版』(埼玉県教育局総務課編 埼玉県教育委員会 1975)
『学校教育統計書 昭和26年度』(埼玉県総務部統計課編 埼玉県総務部統計課 1952)
『学校教育統計書 昭和30年度』(埼玉県総務部統計課編 埼玉県総務部統計課 1956)
『学校教育統計書 昭和41年度』(埼玉県 埼玉県 1967)
キーワード
(Keywords)
障害児教育-埼玉県
特殊教育-埼玉県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000281109解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!