このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
吹田市立中央図書館 (2310124)管理番号
(Control number)
吹-80-2016-013
事例作成日
(Creation date)
2006年9月14日登録日時
(Registration date)
2016年11月02日 17時28分更新日時
(Last update)
2017年03月30日 10時46分
質問
(Question)
吹田の地車(だんじり)の歴史や彫りものについての資料
回答
(Answer)
(1)『吹田市文化財ニュース No.1~20』(吹田市立博物館 1999)No.6 p2~8「だんじり今昔」(吉田禎造) No.18 p8「川面町の地車」
(2)『写真集 明治大正昭和 吹田』(池田半兵衛/編 国書刊行会 1985 ) p72~73 写真5枚あり
(3)『吹田市の文化財』(吹田市広報課 1998) p1~4
(4)『旧吹田史跡めぐり』(旧庄屋屋敷保存活用会事務局/作成 旧庄屋屋敷保存活用事務局 1999) 都呂須(とろす)の地車のみ
(5)『吹田<村>の地車』(西川和七/[著]編集 西川和七 2009.5) だんじりの写真を多数掲載。
(6)『だんじり』(吹田歴史文化まちづくりセンター [20--])
(7)『吹田市内地車調査報告書 1』(青山賢信/著 吹田市教育委員会 1984.2)
また、博物館・吹田歴史文化まちづくりセンター(浜屋敷)の地車説明も併せてご案内。(最終確認2016年9月24日)
回答プロセス
(Answering process)
『すいた歴史散歩』(吹田郷土史研究会/著 吹田市教育委員会 2001.3)
『吹田まつり』(吹田まつり振興協議会 1985)にも簡単な掲載あり。
地車は吹田市有形民俗文化財に指定されていることがわかり、博物館・文化財関係の本をあたる。
当館の検索機で件名「山車」で自館所蔵を検索。地域資料のコーナーに(5)(6)(7)があった。
特に(7)には彫りものについて詳しく書かれており、大工や彫師の名前も記されていた。
(6)は、(7)をまとめたリーフレットのようなものだった。
また、吹田歴史文化まちづくりセンターのホームページ>メインメニュー>施設見学>だんじり庫でも各町内のだんじりの写真や説明、動画を見ることができる。(最終確認2016年9月24日)
事前調査事項
(Preliminary research)
吹田まつりで毎年曳行されている。
NDC
年中行事.祭礼  (386 8版)
芸術政策.文化財  (709 8版)
参考資料
(Reference materials)
西川 和七/[著]編集. 吹田〈村〉の地車. 西川和七, 2009-05. (吹田(村)シリーズ)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I052257121-00
池田, 半兵衛 , 池田半兵衛 編. 写真集明治大正昭和吹田 : ふるさとの想い出303. 国書刊行会, 1985.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I002610080-00
吹田市文化財ニュース No.1-20(’78-99). 吹田市立博物館, 1999.
『だんじり』(吹田歴史文化まちづくりセンター [20--])
『吹田市内地車調査報告書 1』(青山賢信/著 吹田市教育委員会 1984.2)
キーワード
(Keywords)
山車
だんじり
彫りもの
だし
吹田市(すいたし)
吹田まつり
地車
大阪府(おおさかふ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000199115解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!