このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2006-102
事例作成日
(Creation date)
2006/3/19登録日時
(Registration date)
2006年09月14日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年10月16日 14時34分
質問
(Question)
明治時代の女学校(浦和高等女学校、川越高等女学校)の校歌の歌詞・作詞作曲者・制定年を知りたい。
回答
(Answer)
■女子師範学校・浦和高等女学校校歌「これの学びの」作詞:橋本光秋 作曲:楠美恩三郎 制定年:明治40年11月26日である。歌詞は次の資料にあり
『ゆうかりとともに 百年誌』(埼玉県立浦和第一女子高等学校創立百周年記念事業実行委員会 2000)p569
新井翔「県内公立高校の戦前の校歌について」(『初雁 第24号』)p142
■川越高等女学校校歌 作詞:逸見宮吉 作曲:片山頴太郎 制定年:昭和5年11月8日である。歌詞は次の資料にあり
『創立八十周年記念誌』(埼玉県立川越女子高等学校創立80周年記念誌刊行委員会 1991)巻頭
新井翔「県内公立高校の戦前の校歌について」(『初雁 第24号』)p162
回答プロセス
(Answering process)
『ゆうかりとともに 百年誌』(埼玉県立浦和第一女子高等学校創立百周年記念事業実行委員会 2000)p54-55、577に校歌についての解説あり。それには、明治40年当時、浦和高等女学校は女子師範学校に併置されており、両校共通の校歌であったと書かれている。
川越高等女学校は、昭和5年まで校歌の確認はできず。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
幼児.初等.中等教育  (376 9版)
声楽  (767 9版)
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ゆうかりとともに 百年誌』(埼玉県立浦和第一女子高等学校創立百周年記念事業実行委員会 2000)
『創立八十周年記念誌』(埼玉県立川越女子高等学校創立80周年記念誌刊行委員会 1991)
新井翔「県内公立高校の戦前の校歌について」(『初雁 第24号』)
キーワード
(Keywords)
高等女学校-歴史
学生歌
浦和-川越-埼玉県
校歌
歌詞-作曲
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000030580解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!