このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県立若狭図書学習センター (2110046)管理番号
(Control number)
福若-2009-0112
事例作成日
(Creation date)
2009年01月28日登録日時
(Registration date)
2010年03月22日 15時16分更新日時
(Last update)
2010年03月22日 15時30分
質問
(Question)
小浜市内で見られる水産加工品「鯖の醤油漬け(醤油干し)」の起源について、いつ頃から普及したか、商品として開発されたか家庭用からか…等について知りたい。
回答
(Answer)
『若狭のおさかな』ほかの資料より、大正から昭和戦前・戦後すぐ頃にかけて、開発・普及したのではないかと推測される。
但し、漁村等での聞き取りによれば、それ以前より作られていたらしい。
回答プロセス
(Answering process)
① 郷土書架のH38*,H596,H667等をあたる。
② 一般書架の667(水産加工),383.6(食文化史),588.6(醤油)等をあたる。
③ 以前のレファレンス事例で「鯖」に関するもので文献等を確認する。
 :「浜焼き鯖について」(福若-2007-1113),「へしこの作り方」(福若-2006-11)

①~③より、以下の関連資料があった。
  ・『若狭のおさかな』吉中禮ニ編 福井県立大学 2007 (H487/ワカサ)
   :「醤油干し鯖」赤羽義章著 p115~116 簡単な歴史と加工法についの記述。
  ・『聞き書福井の食事』(日本の食生活全集 18) 農山漁村文化協会 1987 (H380/キ)
   :「若狭湾の食」p278~285 「さばの醤油炊き」「さくら干し」等についての記述。
  ・『サバの文化誌』田村勇著 雄山閣 2002 (664.6/タムラ)
   :p11~26あたりに鯖の加工法の歴史・種類、「味醂干し」等についての記述。
  ・『日本の食文化大系』第6巻「魚貝譜」東京書房社 1984 (383.6/ニ/6)
   :p110~113「鯖」の章に「開き干し鯖」の普及・変化についての記述。
  ・『水産食品学』恒星社厚生閣 1987 (667/ス)
   :p254に「みりん干し」の始まりについての記述。
  ・『全国水産加工品総覧』光琳 2005 (667/フクタ)
   :p190「さんまみりん干しを始めた人」のコラムあり。
  ・『しょうゆの不思議』日本醤油協会 2005 (588.6/トウセ)
   :p144~145に、製造醤油が一般庶民に普及したのは大正時代頃、との記述あり。
    (但し、農村部ではそれ以前から自家製のものが使用されていた、と付記)
⇒ 上記資料より、以下のことが分かる。
 ・鯖の開き干しは、かつては「塩干し」が主流であったが、「醤油干し」へと変化した。
 ・戦後、鯖の豊漁の時代が続き、さまざまな保存法・調理法が開発された。
 ・製法が近い「味醂干し(さくら干し)」は大正時代から戦後すぐ頃にかけて、開発・普及している。

④ また、「醤油干し」の製法については、以下の資料等がある。
  ・『水産加工品総覧』光琳 1983 (667/ス)
   :「調味乾燥品」p103~104に「しょうゆ干し」「味醂干し」他の製法の記述。
  ・『自家製干物の作り方』日東書院本社 2006 (596.3/クラフ)
   :p59「しょうゆ干しをつくる」に家庭向けの製法の記述。

⑤ Googleで「鯖」+「醤油干し」で検索する。
 → 以下のサイト等、主に商品広告のものが多い。
  ・「木五商店」(小浜市内の水産品販売店) HP 「さば醤油干し」のページ
    http://www.kigo.biz/t_himono.html(090120 確認)
  * 他にも同様の販売広告サイトは多く、特に駿河湾沿岸の商店等のものが目立った。

⑥ 御食国若狭おばま食文化館に問合せる。関係者からの話として、以下のようなことが分かったとのこと。
 (小浜市内の漁村部、戦前生まれの人、複数の話として)
 ・戦前から、家でも作り、一部は売っていた。
 ・鯖以外にも、アジ・イワシ等の小魚系が採れすぎた時に、保存用として作っていた。
 ・材料は、醤油+砂糖・味醂などで、昔は自家製のものを使っていた。

事前調査事項
(Preliminary research)
小浜市内等で商品として販売されている。
NDC
水産製造.水産食品  (667 8版)
衣住食の習俗  (383 8版)
食品工業  (588 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
鯖 
干物 
開き干し鯖 
醤油干し(醤油漬け) 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
御食国若狭おばま食文化館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000065485解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!