このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000019513
事例作成日
(Creation date)
2016年07月27日登録日時
(Registration date)
2018年08月17日 22時51分更新日時
(Last update)
2018年08月17日 22時51分
質問
(Question)
幕末の侠客津向文吉について、経歴、出身などわかる資料があったら知りたい。
回答
(Answer)
津向文吉(ツムギ・ブンキチ)は、1810(文化7)年生まれ、1883(明治16)年没。鴨狩津向村(現市川三郷町)出身の博徒。詳細は参考資料をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.山梨日日新聞データベースで「津向」「文吉」を掛け合わせて検索する。
1996(平成8)年1月15日付14面「山日YBSキャラバン 移動編集局 六郷町」に、ゆかりの人の一人として「津向の文吉」があり、顔写真、略歴が掲載されている。

2.インターネットで「津向文吉」で検索すると、山梨県立博物館発行資料の情報があった。『黒駒勝蔵対清水次郎長』(山梨県立博物館 2013)には、「津向文吉」の項がある。『博徒の活動と近世甲斐国における社会経済の特質』(山梨県立博物館 2013)には、表1「「町村取調書」記載の博徒一覧」、図1「甲州博徒の分布」、「甲州博徒関連資料集」の「Ⅱ新聞類」と「Ⅳ墓地・位牌関係資料」に津向文吉に関するものがみられた。

3.前項の参考文献を探す。『新・日本侠客100選』(今川徳三著 秋田書店 1990)、『甲州侠客伝』(子母澤寛編 今川徳三著 人物往来社 1968)に「津向の文吉」の項があった。

4.国立国会図書館サーチで「津向 文吉」で検索すると、図書館送信資料の「人物往来歴史読本」12(8)(人物往来社 1967.8)の記事があった。確認すると、内容は『甲州侠客伝』に収録されているものだが、『甲州侠客伝』にない図版があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
社会病理  (368 9版)
参考資料
(Reference materials)
山梨県立博物館 編. 黒駒勝蔵対清水次郎長 : 時代を動かしたアウトローたち. 山梨県立博物館, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024685636-00  (p.6,18)
山梨県立博物館 編 , 山梨県立博物館. 博徒の活動と近世甲斐国における社会経済の特質. 山梨県立博物館, 2013. (山梨県立博物館調査・研究報告 ; 6)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024684994-00  (p.4-5,45,71-72)
今川徳三 著 , 今川, 徳三, 1919-. 新・日本侠客100選. 秋田書店, 1990. (新100選シリーズ)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002049936-00 , ISBN 4253004032 (p.143-146)
今川徳蔵 著 , 子母沢寛 編 , 今川, 徳三, 1919- , 子母沢, 寛, 1892-1968. 甲州侠客伝. 人物往来社, 1968.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001108823-00  (p.65-102)
キーワード
(Keywords)
津向文吉
侠客
博徒
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
・「山梨日日新聞」1996(平成8)年1月15日付14面「山日YBSキャラバン 移動編集局 六郷町」内「ゆかりの人」
・国立国会図書館デジタルコレクション「人物往来歴史読本」12(8)人物往来社 1967年8月号(永続的識別子info:ndljp/pid/2366692)230-243p
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000240829解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!