このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中千葉-2017-8
事例作成日
(Creation date)
2017年12月26日登録日時
(Registration date)
2018年03月13日 16時41分更新日時
(Last update)
2018年03月13日 16時43分
質問
(Question)
戦前に衆議院議員、布佐町(現我孫子市)長を務めた二人の榎本次郎右衛門(1840年生と1876年生)について経歴を調べている。関連資料があるか。
回答
(Answer)
以下の資料に榎本次郎右衛門の経歴等が記載されています。文中の【十四代(理兵衛)】と【十五代(正夫)】は二人を区別するため補記しました。理兵衛、正夫はそれぞれ榎本次郎右衛門を襲名する前の名前です。

【資料1】西舘与四衛「榎本次郎右衛門家文書の研究 近世・近代史論集」(『我孫子市史研究』15号)p.339-364
二人の榎本次郎右衛門の経歴については、まとめると次のように記載されています。
十四代(理兵衛)天保11(1840)年生まれ、明治6(1877)年次郎右衛門襲名、大正2(1913)年没 布佐町長(明治25年からと同28年からと二期)、衆議院議員
十五代(正夫)明治9(1876)年生まれ、大正3(1914)年次郎右衛門襲名、大正15(1926)年没 布佐町長(明治43年から一期)、県議、衆議院議員
p.360-362には榎本家16代までの系図があります。p.363には【資料5】より引用した【十五代(正夫)】の詳細な経歴があります。
 なお、榎本次郎右衛門家文書は、「中でも商業活動の躍進期であってかつ土地収集活動の最盛期であった明治時代は全体文書の66.6%を占め、その内で明治前期と中期が圧倒的に多い」と説明されています。

【資料2】『我孫子市史 近現代篇』(我孫子市教育委員会 2004)
p.141-175 「第二節 名望家の軌跡」
明治から大正初期にかけての我孫子市出身の名望家の軌跡が書かれたこの節に、二人の榎本次郎右衛門の活動も散見されます。p.144-145には十四代(理兵衛)が明治37年に衆議院議員選挙に立候補した時の履歴書が記載されています。

【資料3】小平久「戦争と布佐の人々」(『我孫子市史研究』第5号)p.308-331
 p.325 「第三章旅順陥落記念碑 (二)碑文の人々 榎本次郎右衛門【十四代(理兵衛)】」
 生没年と6行の紹介文が記載されています。

【資料4】『我孫子の地名と歴史 わが町の字誌』(我孫子市史研究センター編 崙書房出版 2015) p.237 布佐榎本次郎右衛門【十四代(理兵衛)】が明治35(1902)年に布川銀行の頭取になったと記載されています。
【資料5】『千葉県議会史 議員名鑑』(千葉県議会 1985)
p.167 「榎本次郎右衛門【十五代(正夫)】」

【資料6】『房総町村と人物』(多田屋書店 1918)p.297-298 榎本次郎右衛門【十五代(正夫)】十四代についての記述もあります。
この資料は当館のデジタルアーカイブでも閲覧できます。(191-192コマ)
http://e-library.gprime.jp/lib_pref_chiba/da/detail?tilcod=0000000014-CHB600258
【資料7】『列伝シクジリ代議士』(参政閑人編 大日本新聞学会出版部 1916)
p.146-149 73 遣り直し二度演説【大正4年の選挙】 榎本次郎右衞門君【十五代(正夫)】
この資料は国立国会図書館デジタルコレクションから閲覧できます。(84-85コマ)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/916316
(インターネット最終アクセス:2018年3月2日)
回答プロセス
(Answering process)
1 我孫子市の出身なので我孫子市史関係資料を調べ、【資料1】~【資料4】を見つける。

2 十五代(正夫)は千葉県議会議員だったので千葉県議会史関係資料【資料5】を調べる。

3 明治・大正期の千葉県の人物辞典類『房総人名辞書』(千葉毎日新聞社編 国書刊行会 1987)などを調べ【資料6】を見つける。

4 国立国会図書館サーチで「榎本次郎右衛門」で検索する。【資料7】の文献を見つける。
事前調査事項
(Preliminary research)
『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』(衆議院編 大蔵省印刷局(印刷) 1990)p.102「榎本次郎右衛門【十四代(理兵衛)】」「榎本次郎右衛門【十五代(正夫)】」(0105073719)
『大日本人物名鑑〔巻4の2〕』(ルーブル社出版部 1922)p.22-23 国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/907877  (36コマ)「榎本次郎右衛門【十五代(正夫)】」
NDC
個人伝記  (289 9版)
関東地方  (213 9版)
議会  (314 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】西舘与四衛「榎本次郎右衛門家文書の研究 近世・近代史論集」(『我孫子市史研究』15号1991.3)(0501220325)
【資料2】『我孫子市史 近現代篇』(我孫子市教育委員会 2004)(0200927018)
【資料3】小平久「戦争と布佐の人々」(『我孫子市史研究』第5号 1981.3)(0502157511)
【資料4】『我孫子の地名と歴史 わが町の字誌』(我孫子市史研究センター編 崙書房出版 2015)(0201027800))
【資料5】『千葉県議会史 議員名鑑』(千葉県議会 1985)(9200308212)
【資料6】『房総町村と人物』(多田屋書店 1918)(9200072496)
【資料7】『列伝シクジリ代議士』(参政閑人編 大日本新聞学会出版部 1916)国立国会図書館デジタルコレクション
キーワード
(Keywords)
榎本次郎右衛門(十四代(理兵衛))(エノモト ジロウエモン(ジユウヨンダイ リヘエ))
榎本次郎右衛門(十五代(正夫))(エノモト ジロウエモン(ジユウゴダイ マサオ))
千葉県-我孫子市-歴史(チバケン アビコシ レキシ)
千葉県議会(チバケンキョウギカイ)
衆議院(シュウギイン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000232466解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!