このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000130298
提供館
(Library)
愛知県産業労働センターあいち労働総合支援フロア産業労働情報コーナー (4110003)管理番号
(Control number)
愛労情報H25-002
事例作成日
(Creation date)
2013年04月12日登録日時
(Registration date)
2013年04月15日 11時42分更新日時
(Last update)
2013年04月15日 11時46分
質問
(Question)

愛知県内の従業員100人規模の運送業における定年前賃金と再雇用後賃金との賃金較差を知りたい。

回答
(Answer)
『平成24年版トラック運送事業の賃金実態』全日本トラック協会編 2013.01発行
『平成24年調査版 トラック運送事業に関する賃金・労働時間データ集』全日本トラック協会編 2013.03発行
『平成23年 賃金構造基本統計調査報告 第2巻、第4巻』厚生労働省編 2012.06発行
平成24年 賃金構造基本統計調査報告 厚労省ホームページ  http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/NewList.do?tid=000001011429
回答プロセス
(Answering process)

『賃金構造基本統計調査報告』から、第2巻で産業中分類別、勤続年数別、学歴別、年齢別を第4巻では、地区別、企業別、産業別、年齢別を見つけることができた。
当調査は毎年7月実施し、翌年2月頃に調査結果がホームページで公表され、6月頃に報告書として冊子刊行されている。
そのため、資料としての提供は平成23年度版であるが、厚生労働省のホームページを見ると24年版が公表されていいため利用者に知らせた。
また、自館opacで他の資料を検索すると、
『平成24年就労条件総合調査』厚生労働省 2013.02発行、『高年齢者の継続雇用等、就業実態に関する調査』労働政策研究・研修機構 2012.03発行
、『平成24年版トラック運送事業の賃金実態』全日本トラック協会編 2013.01発行などがヒットし、それぞれの内容を確認すると、
『平成24年就労条件総合調査』は、平成17年から毎年、定年後の措置に関する事項を調査しているが、制度についての調査であり、賃金水準についてのデータはないことがわかった。
、『高年齢者の継続雇用等、就業実態に関する調査』は、定年到達時比較の賃金増減幅のデータが記載されていたが、年齢と増減幅のデータ―のみであったため、回答を導きだすまでには至らなかった。
『平成24年版トラック運送事業の賃金実態』は、地区別、規模別、職種別、年齢別のデータ―が揃っており、質問者に提供した。当資料はトラック運送業の賃金傾向を探るうえでは有効な資料の一つである。

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
労働経済.労働問題  (366)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
賃金統計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
労働統計
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000130298解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!