このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2018-7
事例作成日
(Creation date)
2017年08月22日登録日時
(Registration date)
2018年02月24日 12時05分更新日時
(Last update)
2019年01月22日 15時20分
質問
(Question)
フレーベル館創業者の高市次郎が書いた資料を集めているが、どういう雑誌等に高市の論文が掲載されているか知りたい。
回答
(Answer)
高市次郎が書いた論文について

(1)“玩具店が開きて以来の余が感想”「婦人とこども」9(6)フレーベル会 明治42.6 p31-34 【資料1】収載
(2)“新案玩具の紹介”「婦人とこども」9(8)フレーベル会 明治42.8 p36-37 【資料1】収載
(3)“玩具は如何に選択すべきか”「婦人とこども」11(9)フレーベル会 明治44.9 p32-33 【資料2】収載
(4)“玩具中心教育の提唱”31(10)日本幼稚園協会 昭和6.10 ウェブ掲載あり  http://www.froebel.ne.jp/ronbun/127/127.html

他に、当館所蔵の『復刻幼児教育』著者別索引によると、『幼児の教育』(婦人とこども改題)の32巻1,2,5,7-9,11号と33巻1,3-5号に高市の論文が掲載されているようだが、当館には所蔵がない。

また、【資料3】~【資料4】と、以下のデータベースを確認したが、高市の論文は見つからなかった。

愛媛大学図書館OPAC  http://opac.lib.ehime-u.ac.jp/
国立国会図書館の国会図書館サーチ  http://iss.ndl.go.jp/
CiNii Articles(国内論文)  http://ci.nii.ac.jp/  

参考:当館所蔵の高市について書かれた資料
【資料5】p33「高市次郎氏の天然樸を見る」
【資料6】p20-23「高市次郎(ヒーロー列伝伊予人)」
【資料7】p8-9「幼児教育に大きく貢献したフレーベル館創業者 高市次郎」。章末に以下の参考文献あり。
『フレーベル館70年史』(当館未所蔵)
『海南新聞』昭和10年8月21日(マイクロフィルムあり)
『絵本・ことばのよろこび』松井直/著(当館請求記号:019.5-109)
『愛媛県史』人物編(当館請求記号:K200-31)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
漫画.挿絵.児童画  (726)
幼児.初等.中等教育  (376)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『復刻幼児の教育』第9巻 幼児の教育復刻刊行会/編 名著刊行会 1979年 <当館請求記号:376.1-1-9>
【資料2】『復刻幼児の教育』第11巻 幼児の教育復刻刊行会/編 名著刊行会 1979年 <当館請求記号:376.1-1-11>
【資料3】『愛媛教育雑誌』 愛媛教育協会 明治33-38年 <当館請求記号:K370-50>
【資料4】『愛媛大学教育学部同窓会報』63号以下続刊(愛媛大学教育学部同窓会 1987年-)
【資料5】『愛媛及愛媛人』第3巻第1号 伊予春秋社 昭和11年1月 <当館請求記号:K051-2>
【資料6】『松山百点』260号 松山百店会 2008年 <当館請求記号:K673-3>
【資料7】『まつやま人・彩時記』 松山市文化協会 2006年 <当館請求記号:K283.1-マツ-2006>
キーワード
(Keywords)
高市次郎(たかいち・じろう)
フレーベル館
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
高市次郎(1876~1957)教育者。温泉郡小野村(現松山市)生まれ。大正9年、株式会社フレーベル館を設立し、社長となって、玩具、遊具の考案発売に力をいれ、特に「観察絵本キンダ―ブック」を発刊し、幼児教育に大きく貢献した。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000231258解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!