このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2006-078
事例作成日
(Creation date)
2005/7/31登録日時
(Registration date)
2006年09月14日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年04月10日 16時26分
質問
(Question)
「文字・活字文化振興法」(12条)を根拠として、国は、自治体が図書館を建設(新築、たてかえ)する際、補助金を出すのかを知りたい。
回答
(Answer)
補助金に関する具体的な記述、情報は見つからなかった。日本図書館協会を紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
《NDL-OPAC(雑索)》《MAGAZINEPLUS》とも質問の法案についての記事は『出版ニュース』の次の2件のみ。①「出版界スコープ文字・活字文化振興法案国会提出へ」(2043号 2005.7上旬)②「文字・活字文化振興法案と読み書き活動を考える」(2038号 2005.5上旬)。この2件に質問の回答は見つからず。

《聞蔵(朝日新聞記事データベース)》回答につながる記事見つからず。
《Google》より21世紀活字文化プロジェクトのサイトに特集あり。平成18年度まで5年間の学校図書館への交付については記述あり。
http://katsuji.yomiuri.co.jp/special_20050723_01.htm 2005/07/27最終確認)
《Google news》〈活字文化振興 & 財政措置〉で2件ヒット。『読売新聞 2005年7月21日』に記事あり。原紙で確認するが該当の記述なし。
《Google news》〈活字文化振興 & 予算〉で1件ヒット。『読売新聞 2005年7月17日』に記事あり。原紙で確認するが該当の記述なし。

『読売新聞 2005年4月1日』朝刊3面に法骨子案についての記事あり。朝刊4面 法案、法骨子案(要旨)、法施行に伴う施策の展開 あり。

インターネット「文字・活字文化振興法案について」に日本図書館協会の見解あり。該当の記述はなし。
http://www.jla.or.jp/kenkai/mojikatuji.html  日本図書館協会 2005/07/27最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各種の図書館  (016 9版)
行政  (317 9版)
法律  (320 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
文字・活字文化振興法
図書館
法律
行政-文部科学省
照会先
(Institution or person inquired for advice)
日本図書館協会
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000030533解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!