このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
尼崎市立中央図書館 (2310083)管理番号
(Control number)
兵尼2019-36
事例作成日
(Creation date)
2010年08月18日登録日時
(Registration date)
2019年12月19日 14時56分更新日時
(Last update)
2019年12月19日 15時01分
質問
(Question)
御守り刀について調べたい。
回答
(Answer)
浄土真宗以外の宗派で小刀やナイフなどの刃物を遺体の上に置く風習があり、これを指して守り刀というそうです。
このことについては以下の資料に記載がありました。
しかし、いずれも簡単な説明となっており、いつ頃から行われるようになったのかなどといった詳細の掲載はありません。

(1)『仏事のしきたり 改訂版』仏教文化研究会/編著 ひかりのくに(1997)
p.187「守り刀」→「昔から死者があの世へ行くときの魔よけとして、短刀などを遺体の胸の上におくという風習があり…」と記述されています。

(2)『葬儀・法要・相続の早わかり百科 最新版』主婦と生活社(2007)
p.34~35「遺体の安置」→遺体の安置例の図に守り刀の置き方が描かれおり、「守り刀は刃先が足のほうにくるようにして置くのが決まり」と説明されています。

(3)『葬儀と法要の事典』新星出版社(1999)
p.40「遺体安置のしかた」→(2)と同様の解説。

(4)『日本刀よもやま話』福永 酔剣/著 雄山閣出版(1991)
p.30~41「天皇のお守り刀」→昼御座(ヒノゴザ/ヒノオマシ)剣について解説。皇位の象徴である神剣(三種の神器)ではなく、天皇の個人的な守り刀である剣のことが記されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
通過儀礼.冠婚葬祭  (385)
金工芸  (756)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
御守り刀
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000270965解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!