このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山口県立山口図書館 (2110020)管理番号
(Control number)
0000110853
事例作成日
(Creation date)
2020年4月30日登録日時
(Registration date)
2020年08月02日 14時57分更新日時
(Last update)
2020年08月07日 10時35分
質問
(Question)
日本で警察がDNA鑑定を導入したのはいつか知りたい。
回答
(Answer)
下記資料1「DNA型鑑定による個人識別の歴史・現状・課題」によると以下のとおり。
・警察におけるDNA型鑑定は、 平成元年(1989年)科学警察研究所で実用化したことに始まった。
・警察庁は、平成4年(1992年)度から、府県にもDNA型鑑定を導入すべく、「DNA型鑑定の運用に関する指針」 (平成4年4月17日付刑事局長通達)を制定した。

また、日本経済新聞の下記記事によると、平成4年(1992年)度中に宮城、東京、大阪、広島、福岡の警察本部の科学捜査研究所に鑑定機材が配備される予定とある。

「日本経済新聞」1992年4月17日夕刊19面「警察庁通達、DNA鑑定に運用指針――容疑者の特定に活用。」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
行政  (317 9版)
参考資料
(Reference materials)
1.岡田薫. DNA型鑑定による個人識別の歴史・現状・課題. 国立国会図書館, 2006-01. レファレンス (660)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000040-I000072862-00
キーワード
(Keywords)
DNA鑑定
クイックレファレンス
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000285234解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!