このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20120064
事例作成日
(Creation date)
20120726登録日時
(Registration date)
2013年10月12日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年02月09日 13時40分
質問
(Question)
広島の中学校の教諭であった藤重源について知りたい。
回答
(Answer)
『中国新聞』明治45年5月26日2面「藤重教諭の渡欧」
 記事によると広陵中学教諭。「藤重氏はそのままアメリカに渡り現地で結婚したらしい。」とあり。

『広陵百年史』(参考資料1)
 巻末資料p.7 旧職員名簿 藤重源 教諭 体操・習字 明43.5-大14.3
 p.73 年表 1912(明45.5.24) 本校教師藤重源 世界オリンピックストックホルム大会会場に参列併せて欧米各国の運動法を視察のため出発

『目でみる110年史』(参考資料2)
 p.7 明治45年(1912)5.24 記述あり
 p.123 藤重源あり
 p.141 年表 1912(明45.5.24)記述あり

『目でみる90年の歩み』(参考資料3)
 p.20 明治45年(1912)5.24
 p.21 瑞典通信(明治45年)(抄)藤重源 (注)藤重源氏は当時本校の現職教員であったが,~略~とくに同氏が朝日新聞通信員として特約派遣された。

なお,海外旅券下付表の広島県分は広島県文書館に複製がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
明治22年9月16日生,本籍佐伯郡大竹町。明治45年5月9日付でスウェーデン他四カ国への旅券(海外旅券下付表)が公布されている。
同年ストックホルムでオリンピックが開催され,『萬朝報』の委託を受けて現地から記事を書き送っていた。
『萬朝報』には,広島中学校教師とある。
(質問者が大竹におられる甥に話を聞いたとのこと。)
NDC
個人伝記  (289)
教育課程.学習指導.教科別教育  (375)
参考資料
(Reference materials)
1・『広陵百年史』[広陵学園/編],広陵学園,1994.06 (ID:1003637988 )
2.『目でみる110年史』[「目でみる110年史」編集委員会/編],広陵学園,2006.07あとがき (ID:1005775570 )
3.『目でみる90年の歩み』広陵学園90年史編纂委員会/編,広陵学園,1986 (ID:1001338944 )
キーワード
(Keywords)
藤重源
広陵中学校
広陵学園
ストックホルム
オリンピック
萬朝報
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000138539解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!