このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000104898
提供館
(Library)
千葉市中央図書館 (2210009)管理番号
(Control number)
千葉市中央034
事例作成日
(Creation date)
2012年04月18日登録日時
(Registration date)
2012年04月18日 12時33分更新日時
(Last update)
2012年05月15日 13時37分
質問
(Question)
歌川国芳(うたがわくによし)の描いた疱瘡絵(ほうそうえ)がみたい。
回答
(Answer)
疱瘡絵とは、疱瘡(天然痘)除けのまじないとして書かれた絵のことをいう。疱瘡に対する呪色の赤(朱)の濃淡で彩られ、呪いの和歌や狂歌が添えられることもある。鍾馗(しょうき)、達磨、みみずく、張り子の犬、でんでん太鼓、風車、源為朝、金太郎、桃太郎などが画材としてよく用いられた。

歌川国芳の疱瘡絵について、次の資料に掲載されているのを確認した。
・『疱瘡神 江戸時代の病をめぐる民間信仰の研究』(ローテルムンド/著 岩波書店 1995)
①「為朝と疱瘡神」(口絵9・カラー) ②「獅子舞」(口絵10・カラー) ③「鍾馗大臣」(口絵11・カラー)

・『浮世絵のなかの江戸玩具』(藤岡摩里子/著 社会評論社 2008)
④「みみずく・うさぎ・豆太鼓」(口絵1・カラー/p.145 図1・白黒)
⑤「鎮西八郎為朝・疱瘡神」(口絵2・カラー/p.146-147 図2・白黒)・・・①と同じ
⑥「だるま・みみずく」(口絵3・カラー/p.148-149 図3・白黒)
⑦「金太郎」(口絵4・カラー/p.150 図4・白黒)
⑧「みみずく他」(口絵5・カラー/p.151 図5・白黒)
回答プロセス
(Answering process)
①「疱瘡絵」とはなにか、事典を用いて確認する。
・『浮世絵大事典』(東京堂出版) p.444-445
・『浮世絵事典 下巻 定本 はさ-わ 第3版』(画文堂) p.221-222

②『日本美術作品レファレンス事典 絵画篇 浮世絵』(日外アソシエーツ)をみる。巻末の作者別索引で「国芳[歌川]」の項(p.872-874)をみていくが、タイトルに「疱瘡」というキーワードを含むものはなく、どれが疱瘡絵なのか分からない。

③国芳の作品集を確認する。自館opacで「歌川国芳」をキーワードに検索し、ヒットした資料の中身を順次確認していったが、疱瘡絵が収録されていない。また、書架をブラウジングし、美術全集などをみるも、やはり疱瘡絵が見つからない。(確認した資料は[備考]欄に記載)

④キーワードを「疱瘡」に変えて自館opacを検索する。そのなかに『疱瘡神 江戸時代の病いをめぐる民間信仰の研究』(岩波書店)があり、その口絵に国芳の疱瘡絵が3点掲載されていた。

⑤リサーチ・ナビを確認。「歌川国芳」、「疱瘡」、「浮世絵」の3つをキーワードにし、組み合わせて検索をおこなうも、該当する資料(事例)がない。

⑥webcat-plusを確認。キーワード「浮世絵 疱瘡」で検索したところ、『浮世絵のなかの江戸玩具』(社会評論社)がヒット。千葉市図書館所蔵資料であったので内容を確認したところ、国芳の疱瘡絵が掲載されていた(口絵1~5、および巻末の図1~5)。

 
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
民間信仰.迷信[俗信]  (387 9版)
日本画  (721 9版)
参考資料
(Reference materials)
『疱瘡神 江戸時代の病いをめぐる民間信仰の研究』H・O・ローテルムンド/著 岩波書店 1995.3 (口絵)
『浮世絵のなかの江戸玩具 消えたみみずく、だるまが笑う』 藤岡 摩里子/著 社会評論社 2008.2 (口絵1~5/p.145-151の図)
『浮世絵大事典』国際浮世絵学会/編 東京堂出版2008.6 (「疱瘡絵」 p.444-445)
『浮世絵事典 下巻 定本 はさ-わ 第3版』吉田 暎二/著 画文堂 1994 (「疱瘡絵」 p.221-222)
『日本美術作品レファレンス事典 絵画篇 浮世絵』日外アソシエーツ 1993.4 (「国芳」 p.872-874)
キーワード
(Keywords)
歌川国芳
浮世絵
疱瘡絵
疱瘡
天然痘
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
次の作品集も確認したが、疱瘡絵は収録されていない。
・『歌川国芳 新潮日本美術文庫 22』(新潮社 1998)
・『幕末の修羅絵師国芳 とんぼの本』(新潮社 1995)
・『もっと知りたい歌川国芳 生涯と作品』(東京美術 2008)
・『浮世絵名作選集 8 国芳』(山田書院 1971)
・『浮世絵大系 10 国貞 国芳 英泉』(集英社 1975)
・『浮世絵を読む 6 国芳』(朝日新聞社 1997)
・『名品揃物浮世絵 7 国芳・英泉』(ぎょうせい 1991)
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000104898解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!