このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2020-02
事例作成日
(Creation date)
2007年04月24日登録日時
(Registration date)
2020年04月17日 15時53分更新日時
(Last update)
2020年07月21日 17時22分
質問
(Question)
西龍寺(愛媛県松山市)に、なぜ鼠小僧次郎吉の墓があるのか。
回答
(Answer)
【資料1】p294「鼠小僧次郎吉の墓」の項目
「東京・両国の回向院と愛知県蒲郡市の委空寺にあるが、松山市持田町三丁目、西龍寺境内にもある。次郎吉は天保三年(一八三二)八月江戸で処刑された大名屋敷専門の盗賊で、盗んだ金を貧民に与えたため義賊と市井にうたわれた。松山城下に来るはずはなく、西龍寺の墓は明治末期に新栄座にかけられた「鼠小紋東君新形」上演の際、松山の石屋が作った。依頼主は歌舞伎一座か新栄座主か不明だが、興行後、同寺に供養を頼んだらしい。「教覚速善居士、俗名鼠小僧次郎吉」と彫られ、高さ約五〇センチ。没年は天保二年八月一二日罪死と刻まれている。(墓の写真)」
回答プロセス
(Answering process)
【資料1】巻末の索引に「西龍寺」なし。
【資料2】p32に寺の概要は記載されているが、墓については記載なし。
思いついて【資料1】を「鼠小僧次郎吉」で引いてみる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 9版)
社会病理  (368 9版)
歌舞伎  (774 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『愛媛県百科大事典 下』(愛媛新聞社愛媛県百科大事典編集委員室/編集 愛媛新聞社 1985年)<当館請求記号:R K290-63-2>
【資料2】『寺院に関する調査 4』 (愛媛県/編〔愛媛県立図書館〕 〔2010〕) <当館請求記号:K185-4-4> (愛媛県立図書館所蔵の資料(〔1936〕刊)を電子複写・製本)
キーワード
(Keywords)
西龍寺(さいりゅうじ)
新栄座(しんえいざ:松山市の芝居小屋、後に映画館。現存せず)
鼠小紋東君新形(ねずみこもん はるの しんがた:歌舞伎の演目)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
2020年7月追記

千住と両国の墓についての他館登録事例あり。
東京都立中央図書館( https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000042624
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000280698解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!