このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000075482
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006934
事例作成日
(Creation date)
2010年11月18日登録日時
(Registration date)
2010年12月17日 18時27分更新日時
(Last update)
2010年12月17日 18時27分
質問
(Question)
ここ10年間の音楽CDと、音楽配信サービスの売り上げの推移を知りたい。
回答
(Answer)
日本レコード協会webサイト( http://www.riaj.or.jp/ ※2010.11.18確認)の各種統計のページに、音楽CDの過去10年間の生産実績(数量・金額)と、有料音楽配信の2005年からの売上実績の掲載がある。
回答プロセス
(Answering process)
1.『デジタル家電市場総覧』2006年(日経マーケット・アクセス編集編集 日経BPコンサルティング 2005年)を見ると、第3部「コンテンツ/サービス」に「3.1音楽系コンテンツ」があり、p252-253に国内音楽ソフト生産額など、p254に有料音楽配信数などのデータがあり、どちらも「出所:日本レコード協会」とある。

2.オンラインデータベース「MAGAZINPLUS」で「音楽配信 CD」を検索すると、「HMVが旗艦店を閉鎖 CD店崩壊の序曲か」(「週刊東洋経済」 2010.9.4号)の記事などがヒット。「週刊東洋経済」記事には「日本レコード協会によれば、98年に6000億市場だったオーディオレコード生産額は、09年度には2460億円と半減以下に。」などの記述がある。

3.インターネットの検索エンジンで「日本レコード協会」を検索。日本レコード協会webサイト( http://www.riaj.or.jp/ ※2010.11.18確認)を見ると、各種統計のページがあり、音楽CDについては過去10年間の生産実績(数量・金額)があり( http://www.riaj.or.jp/data/cd_all/ ※2010.11.18確認)、また、有料音楽配信については2005年からの売上実績の掲載がある( http://www.riaj.or.jp/data/download/ ※2010.11.18確認)。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音楽  (760 9版)
電気通信事業  (694 9版)
各種の統計書  (359 9版)
参考資料
(Reference materials)
日本レコード協会webサイト( http://www.riaj.or.jp/data/cd_all/ ※2010.11.18確認)、 (音楽CD過去10年間の生産実績(数量・金額))
日本レコード協会webサイト( http://www.riaj.or.jp/data/download/ ※2010.11.18確認)。 (有料音楽配信2005年からの売上実績)
キーワード
(Keywords)
音楽
コンパクトディスク
音楽配信
統計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
音楽・舞踊
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000075482解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!