このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
11127
事例作成日
(Creation date)
2010年03月26日登録日時
(Registration date)
2010年03月30日 13時49分更新日時
(Last update)
2016年01月28日 10時08分
質問
(Question)
ミュンヒハウゼン症候群について
回答
(Answer)
(1)見出し語として掲載のあった「医学生物学大辞典」、「医科学大辞典」 を紹介

(2)次の出版があるが、所蔵なし。

・子どもを病人にしたてる親たち  代理によるミュンヒハウゼン症候群 坂井聖二/著 明石書店 2003.3

(3)次のような雑誌記事あり。

・代理ミュンヒハウゼン症候群はなぜ起きる--医者の気をひくため子どもを虐待 / ハーバート シュライアー ; 丸山 恭子
金曜日. 10(2) (通号 403) [2002.1.18]

・新しい児童虐待 わが子に「毒」を盛り、病気に仕立てる… 母親に潜む「代理ミュンヒハウゼン症候群」
週刊朝日. 106(26) (通号 4444) [2001.6.15]

(4)追記・次の所蔵あり。

・代理ミュンヒハウゼン症候群 南部さおり/著 アスキー・メディアワークス 角川グループパブリッシング 2010.7(アスキー新書 158)

・嘘とだましの心理学 戦略的なだましからあたたかい嘘まで 箱田裕司/編 有斐閣 2006.7
  ※「嘘とだましの人格と病理-空想虚言症とミュンヒハウゼン症候群」 含む。

・歴史は患者でつくられる リチャード・ゴードン/著 時空出版 1999.1
  ※「作中の人びと(レディ・マクベス ミュンヒハウゼン(法螺吹き)男爵 ほか)」 含む。



回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369)
臨床心理学.精神分析学  (146)
伝記  (280)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
児童虐待
病気
伝記
「ほらふき男爵」
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000065502解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!