このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-一般244
事例作成日
(Creation date)
2015年11月16日登録日時
(Registration date)
2015年11月20日 09時11分更新日時
(Last update)
2015年11月20日 09時13分
質問
(Question)
赤穂浪士の大高源吾が、吉良邸討ち入りの前夜に、両国橋で俳句の師匠である宝井其角とばったり出会い、「年の瀬や水の流れと人の身は」「あした待たるる その宝船」と問答したのは事実か?
回答
(Answer)
忠臣蔵関係の資料をいくつか確認するが、このエピソードは作り話のようである。

『なぞ解き忠臣蔵』P152-155に「江戸で其角に近づいたり、教えを受けた事実はなく、両国橋での話も事実ではない。為永春水の『伊呂波文庫』による虚構あたりが、出どころのようだ」と記述あり。

『忠臣蔵四十七義士全名鑑』の「大高源五忠雄」の項では、P177-178に宝井其角とのエピソードは「後世に作られた話である」と書かれている。

『考証赤穂浪士』の「大高源吾と宝井其角」(P217-221)の項では、「お芝居や俗説でいわれている様に、源五が其角の弟子であったという確証はどこにもないようだ。(中略)子葉(源吾の俳号)としては其角との交わりもある程度はあったかも知れない。」とある。
回答プロセス
(Answering process)
1.資料を調査
【資料①】『なぞ解き忠臣蔵』(祖田浩一 東京堂出版 1998)
【資料②】『忠臣蔵四十七義士全名鑑』(中央義士会 小池書院 2007)
【資料③】『考証赤穂浪士』(尾崎秀樹 秋田書店 1974)
 回答のとおり、上記資料に大高源吾と宝井其角のエピソードについて記述あり。

【資料④】『歌舞伎事典』(服部幸雄ほか 平凡社 2000)
 P366に、大高源吾と宝井其角が登場する歌舞伎「松浦の太鼓」について記述あり。

 他に『忠臣蔵101の謎』(SS/210.5/イ・1510192162)、『忠臣蔵のことが面白いほどわかる本』(210.5/ヤ・1113170078)も確認したが、両国橋のエピソードは記述なし。

 なお、【資料①】『なぞ解き忠臣蔵』にある為永春水の『伊呂波文庫』は、「国会図書館近代デジタルライブラリー」で公開しており閲覧することができる。
『伊呂波文庫 : 正史実伝』(為永春水 有朋堂 1913) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1703877  [最終アクセス2015.11.18]
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
歌舞伎  (774 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『なぞ解き忠臣蔵』[SS/210.5/ソ・2310046814]
【資料②】『忠臣蔵四十七義士全名鑑』[210.5/チ・1112376528]
【資料③】『考証赤穂浪士』[SS/210.5/コ・1110822762]
【資料④】『歌舞伎事典』[R/774.0/カ・1111530703]
キーワード
(Keywords)
大高源吾 おおたかげんご
宝井其角 たからいきかく
忠臣蔵
赤穂浪士
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000184230解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!