このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000107864
提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央1730
事例作成日
(Creation date)
2011/06/05登録日時
(Registration date)
2012年06月28日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年06月28日 02時00分
質問
(Question)
文久三年頃の銃器と弾薬の値段を知りたい。
回答
(Answer)
1 近世や江戸時代の物価に関する事典や資料を確認しましたが、多くは日常生活品
 についてのもので、銃器に関する記述を見つけることができませんでした。

2 インターネットで「文久」「銃」「値段」などのキーワードを使い検索したところ、
  次の資料に掲載されていることが分かりました。

 (1)『大村益次郎史料』(内田伸/編)マツノ書店 2003
   p.169から「7 長州征伐対応の武器等の購入」という章があります。
   ここに武器の価格まで記載されています。史料自体には日付までしか入ってませんが、
   p.169の説明文、また補記によると、慶応元年当時に書かれた史料のようです。

 (2)『横浜市史 史料編6』(横浜市/編)横浜市 1969
   『続通信全覧』類輯之部の暴行門、警衛門、租税門、武器門、法令門のうち、横浜
   関係のものを収めています。P.319からの武器門に銃器の購入に関する
   記録が掲載されており、価格も分かります。ただし、単位が日本の貨幣ではなく、外貨と
   なっています。
   年代は、慶応が多いです。

 (3)『続通信全覧 49 類輯之部 33 武器門・暴行門』
   (2)の説明で出てきた『続通信全覧』です。

3 当時買い付けを行った人物の記録を確認しました。
 (1)『岩崎弥太郎伝 上』(岩崎家伝記刊行会/編)東京大学出版 1979
   p.387に土佐藩が購入した銃器や汽船の価格が表で掲載されています。年代は
   慶応2、3年です。
   資料で参考文献として紹介されていた次の資料も確認しました。
 
 (2)『幕末貿易史の研究』(石井孝/著)日本評論社 1944.6
   p.286に慶応2、3年の小銃の輸入価格が掲載されています。単位は弗です。

4 その他、確認した資料
 (1)『歴史のなかの物価』原田敏丸,宮本又郎/編著 同文館出版 1985年
 (2)『江戸東京生業物価事典』 三好一光/編 青蛙房 1960年
 (3)『近世後期における主要物価の動態』 三井文庫/編 東京大学出版会 1989年
 (4)『江戸物価事典』 小野武雄/編著 展望社 1979年
 (5)『近世物価史研究』 山崎隆三/著 塙書房 1983年
 (6)『改訂版近世賃金物価史史料』 小柳津信郎/著 成工社出版部 2006年
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 8版)
貨弊.通貨  (337 8版)
兵器.軍事工学  (559 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000107864解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!