このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2018-037
事例作成日
(Creation date)
2017年01月20日登録日時
(Registration date)
2018年08月19日 16時22分更新日時
(Last update)
2018年12月19日 10時45分
質問
(Question)
伊勢物語に、在原業平が隅田川を渡る舟上で「あの鳥は何か?」と問うと、船頭が「ゆりかもめ、別名都鳥だ」と答えたため、都を思い出した仲間たちが泣いてしまったという話がある。この仲間(グループ)が、何の集団だったのか知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。
『日本の旅人 1 在原業平』(池田弥三郎著 淡交社 1973)
 p114-115 旅に同行した従者に関する記述あり。
 p143「「これなん、都鳥」には、望郷の感傷を誘う前に、そういう、謎かけ・謎ときの奇智を、業平に求める一座(この場合は同船の人々だが)の期待がまずあったのであろう。」とあり。

『今井源衛著作集 第7巻 在原業平と伊勢物語』(今井源衛著 今西祐一郎[ほか]編 笠間書院 2004)
 p82、87、88 旅に同行した友に関する記述あり。

『神田秀夫論稿集 2 古小説としての源氏物語』(神田秀夫著 明治書院 1984)
p5、7、53-55 旅に同行した従者に関する記述あり。

角田文衛著「業平の東下り」(『文学(37)』p37-48 岩波書店 1969.12)
 p40 旅に同行した従者に関する記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈在原業平〉で検索する。

2 雑誌記事を調べる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
日本文学  (910 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本の旅人 1 在原業平』(池田弥三郎著 淡交社 1973), ISBN 4-473-00527-5
『今井源衛著作集 第7巻 在原業平と伊勢物語』(今井源衛著 今西祐一郎[ほか]編 笠間書院 2004), ISBN 4-305-60086-2
『神田秀夫論稿集 2 古小説としての源氏物語』(神田秀夫著 明治書院 1984), ISBN 4-625-51132-1
『文学(37)』(岩波書店 1969.12)
キーワード
(Keywords)
在原 業平(アリワラ ナリヒラ)
伊勢物語
古今和歌集
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000240950解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!