このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2299
事例作成日
(Creation date)
2013/04/16登録日時
(Registration date)
2013年12月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年12月28日 00時30分
質問
(Question)
横浜市南区で3個と西区1個でマラソンコースの距離を示すと思われる
「標石」を見つけた。いつ、誰が設置したものか、マラソン大会などがあったのか。
石の設置の経緯や来歴を知りたい。

ネットで検索すると「謎のマラソン石」という個人サイトの記事がありました。
http://minmin-mint.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-055c.html
回答
(Answer)
1 「横浜市民健脚大会」昭和33年  
 三ツ沢陸上競技場を出発・決勝点とする、
 公認マラソンコース(全長42,195m)に
 関係するものではないかと考えられます。
  
  『1st YOKOHAMA MARATHON(報告書)』 
   横浜マラソン大会実行委員会事務局 1982
   p.35に三ツ沢陸上競技場を出発・決勝点とする、
  公認マラソンコース(全長42,195m)のルートマップが出ています
  このルートマップによると、コースルートは、
  三ツ沢陸上競技場→浅間下→興福寺→浜松町→初音町→前里四→井土ヶ谷
  →通町一→公田町→長者ヶ久保が折返点(21,097.5m)となっています。

  標石の前里町=6粁、井土ヶ谷=35粁、浅間町=40粁(質問文中の
  「謎のマラソン石」という個人サイト記事等を参考にしました。)と
  ほぼ一致すると思われます。
  
  ただし、標石がこのコースのものだとする資料は見つかりませんでした。

2 参考 
  同時期に開催されたマラソン、駅伝大会でこのコースが
  使われた記録は見つかりませんでした。

  (1) 横浜マラソンコース新設記念“短縮20kmマラソン大会”
    開催日:昭和30年10月2日(日)
    コース:三ツ沢競技場→行政道路→西神奈川三丁目→
子安大口通商店街入口→鶴見メガネ橋→
下末吉花菱理容店前折返しとなっています。
  
  (2)横浜市民健脚大会の駅伝の部
  開催日:昭和35年1月29日
  コース:三ツ沢~富岡トンネル折返し42.195km
  神奈川新聞で詳細を確認したところ、
  三ツ沢競技場→県立武道館→間門小入口→浜小学校前→
富岡トンネル折り返し点となっているので、標石のあるコースではないようです。

  (3)昭和30年の国体ではマラソン競技は行われていません。
  標石設置の経緯や来歴が出ている資料も見つかりませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
陸上競技  (782 8版)
関東地方  (213 8版)
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
『横浜スポーツ百年の歩み』 横浜市体育史企画刊行委員会,横浜市体育史編集会議企画/編 横浜市教育委員会事務局体育課 1989
『横浜市陸上競技協会50周年誌 あゆみ』 横浜市陸上競技協会/[編] 横浜市陸上競技協会 2006
『50年のあゆみ』 神奈川陸上競技協会創立50周年記念誌編集委員会/編 神奈川陸上競技協会事務所 1987
キーワード
(Keywords)
ロードレース
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000142719解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!