このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2011-057
事例作成日
(Creation date)
2011年10月06日登録日時
(Registration date)
2011年11月24日 15時10分更新日時
(Last update)
2012年02月14日 16時16分
質問
(Question)
江戸幕府法令では「飯盛女」を「食売女」と表記したとあるが、「食売女」の読み方を知りたい。
回答
(Answer)
1 事典類を調査する。
「めしうり」または「めしもり」という記述のあった資料を紹介する。

『日本国語大辞典 第二版』(日本大辞典刊行会編集 小学館 2001)
「めしうりおんな(飯売女)」の項あり。
「めしもりおんな(飯盛女)」に同じ。
禁止令第一・巻七・元文五年(1740)七月「道中筋之儀も食売女猥に無之様に、享保三年相達候通」
随筆・耳嚢六・「軽井沢とかの食売女を妻と成して」とあり。

『古文書用字用語大事典』(池田正一郎著 新人物往来社 1995)
p1026 「食売、喰売」(めしうり)という項目あり。
「食売女。また、飯盛、飯盛女、宿場女郎などの称あり。」

『時代風俗考証事典』(林美一著 河出書房新社 1977)
p482 「飯盛女(めしもりおんな)をおくことを許可した。
飯盛女とは、読んで、字のごとく飯を盛る、つまり給仕をする女である。
幕府の公文書では「食売女」という。」

『日本風俗史事典』(日本風俗史学会編 弘文堂 1980)
p634 「めしもりおんな(飯盛女)」の項あり。
「幕府の公用語としては食売(めしうり)女と呼ぶ例であった。」

2 国立国会図書館所蔵資料の書誌データを検索する。
「食売女」で検索すると、以下の3冊がヒットするが、以下の2つの読み方をする資料がある。

〈めしうりおんな〉
「真冬の海に舞う品川の食売女」佐藤雅美著
〈めしもりおんな〉
「軽井沢三宿と食売女」岩井伝重著
「食売女」 岩井伝重著
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
辞典  (813 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
日本-歴史-江戸時代
食売女
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000097125解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!