このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000210477
提供館
(Library)
尼崎市立地域研究史料館 (5000006)管理番号
(Control number)
119
事例作成日
(Creation date)
2017年02月23日登録日時
(Registration date)
2017年02月23日 14時48分更新日時
(Last update)
2017年10月30日 09時35分
質問
(Question)
尼崎地域の醤油醸造の歴史について調べたい。
回答
(Answer)
江戸時代後期以来、尼崎地域の特産品として、尼崎城下のうち大物町を中心に醤油醸造が栄えました。尼崎特産の醤油は生揚醤油(きあげしょうゆ)と呼ばれ、濃厚甘口な品質が特徴でした。近代以降も、京印醤油の大塚茂十郎本店をはじめとする醤油醸造業がますます盛んとなり、国内のほか、アメリカ・清国・台湾などに製品が輸出されました。
こういった尼崎の醤油醸造の歴史について、解説する数種類の参考文献があります。加えて、尼崎市立地域研究史料館は醤油醸造の一次史料(白井栄氏文書等)も架蔵しており、閲覧調査することができます。
回答プロセス
(Answering process)
1 尼崎地域の伝統的な生揚醤油醸造に関する参考文献

◆『尼崎地域史事典』/Web版尼崎地域史事典"apedia"
項目「醤油」執筆者:山崎隆三 「生揚醤油」執筆者:川田正夫
◆『図説尼崎の歴史』下巻/Web版図説尼崎の歴史
 近代編第二節5「明治中後期の旧尼崎城下」/現代編第三節1「転換期を迎える尼崎の経済」いずれも執筆者:辻川敦
◆川田正夫『尼ノ生揚ものがたり 家庭でできる自然食品』(尼の生揚醤油保存会,1987)
     『日本の醤油』(三水社,1991)
◆『尼崎市現勢史』(土井源友堂,1916)
 各論第一章「工業」のうち「一、醸造業」の項に、尼崎醤油醸造同業組合、大塚茂十郎本店、大塚萬次郎商店、高岡利右衛門商店、長尾喜平商店、井澤忠平商店、白井庄九郎商店、小坂忠平商店、藤井庄介商店といった醤油醸造業にたずさわる各店の紹介を掲載

2 日本醤油醸造(株)に関する参考文献・資料
 明治末期に設立された日本醤油醸造(株)は、伝統的製法ではなく近代工業としての大量生産を行なう醸造工場を尼崎に設けるも、数年で解散した企業である。尼崎工場は、明治41年(1908)に同社第二工場として尼崎町向島に設けられ、同43年火事により全焼、この事件が同社倒産の一因となった。

◆『尼崎地域史事典』/Web版尼崎地域史事典"apedia"
項目「日本醤油醸造」執筆者:中山正太郎
◆『醤油の栞』(日本醤油醸造株式会社,1907)
◆『日本醤油醸造株式会社 尼崎第弐工場一覧』(日本醤油醸造株式会社,年不詳)
◆郷政之助『日本醤油醸造株式会社負債整理及解散始末』(1910)

3 尼崎地域における近代の醤油醸造業に関する主な一次史料
◆白井栄氏文書(文書群番号087007)
 明治初年から昭和戦前期まで、尼崎町宮町において生揚醤油などの醸造・販売を行なった「白井庄九郎商店」の経営史料(「醤油製成帳」「醤油売上帳」等)を含む文書群
 文書群概要  http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/collections/records/catalogs/pdf/087007.pdf
 文書目録   http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/collections/records/catalogs/pdf/087007c.pdf
◆櫻井俊次氏文書(文書群番号094008)
「武庫郡自家用醤油醸造組合」関連史料等を含む文書群 櫻井家は近代に入り武庫村長・常吉村区長・武庫村産業組合監事を務めた。 
 文書群概要  http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/collections/records/catalogs/pdf/094008.pdf
 文書目録   http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/collections/records/catalogs/pdf/094008c.pdf
◆その他の史料
 川端正和氏文書(2)同氏文書(4)(文書群番号095108、104022)が醤油製造に関する史料若干点数を含むほか、「関西醤油醸造視察報告書」(文書群083010)などがある。また醤油販売所等の引札を所蔵しており、これについてはデジタルデータの閲覧・提供可能である。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品工業  (588)
近畿地方  (216)
参考資料
(Reference materials)
尼崎市立地域研究史料館/編 , 尼崎市立地域研究史料館. 尼崎市地域史事典. 尼崎市, 1996. (当館請求記号 219/A/ア)
尼崎市立地域研究史料館/編集 , 尼崎市立地域研究史料館. 図説尼崎の歴史 : 尼崎市制九〇周年記念 下巻. 尼崎市, 2007. (当館請求記号 219/A/ア)
川田 正夫 著 , 川田‖正夫. 尼ノ生揚ものがたり : 家庭でできる自然食品. 尼の生揚醤油保存会, 1987. (当館請求記号 588.6/A/カ)
川田 正夫/著 , 川田‖正夫. 日本の醤油. 三水社, 1991. (当館請求記号 588.1/A/カ)
富田, 玆嘉 , 前川, 佐雄 , 富田玆嘉, 前川佐雄 編. 尼崎市現勢史 : 市制実施記念. 土井源友堂, 1916. (当館請求記号 219/A/ト)
東京:日本醤油醸造出版、醤油之栞、明治40.12(1907.12) (当館請求記号 588.6/A/ニ)
東京:日本醤油醸造出版、日本醤油醸造株式会社 尼崎第弐工場一覧、明治41?(1908) (当館請求記号 588.6/A/ニ)
郷政之助著:日本醤油醸造株式会社負債整理及解散始末、明治43.12(1910.12) (当館請求記号 588.6/A/コ)
キーワード
(Keywords)
醤油
尼崎
生揚醤油
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000210477解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!